座頭市1989年版という作品があります。

予算の増大、キャステイングの未決定、脚本の変更、撮影の遅れ、スケジュールの切迫に加え、映画撮影中「死亡事故」といったトラブルと困難に見舞われながらも完成し、 1989年2月4日に松竹で封切り公開された「 勝新太郎主演で製作された最後の座頭市作品 」です。

今となってみれば、今ではありえない作り方をした、かなりの「トンでも映画」なのですが、 座頭市の魅力を十分に備えた痛快娯楽時代劇といえます。

そんな魅力に溢れた「座頭市1989年版」を紹介します。

座頭市1989年版のあらすじ(ネタバレあり)

(注意!ネタバレあり)座頭市1989年版のあらすじを紹介しますが、ラストシーンまでの内容も記載しています。

役人をからかって3日間の牢入りと百叩きの刑を受けた盲目の按摩師であり居合い抜きの達人・座頭市勝新太郎 )は、知り合いの儀肋(三木のり平)を頼って銚子のとある漁村に辿り着く。近隣を取り仕切るのは、地域一体を収めし絶大な権力を有する八州取締役( 陣内孝則 )に近づき、地盤を手中に収めようとせんとする極道・五右衛門(奥村雄大・後に「鴈龍 がんりゅう」と芸名を改めています)。五右衛門は親分集の会合と自身の「お披露目式」の際。大親分の叔父を殺し、尚且つ「自分に従わぬ意思を示した親分」をその場で惨殺し、一家を乗っ取って八州取締役と組む。

座頭市 は儀肋とのやり取りでその助言に従い、地元の賭場へ出向き楽しむ市であったが、イカサマに気づいてしまい彼らと揉め事を起こす。しかしそこへ女親分である菩薩のおはん( 樋口可南子 )の執り成しによってその場は治まり、その後、五右衛門が放った刺客達を返り討ちにする。五右衛門一家と対立する赤兵衛一家の親分・赤兵衛( 内田裕也 )は市の腕を見込み、用心棒として雇おうとするが、市は 赤兵衛 が自分がこの 地盤を手中に収めようとして市を抱え込もうとしている事を見抜き その手に乗らなかった。

市は旅の道中で凄腕の浪人( 緒形拳 )と知り合い、意気投合した。それは一時の「心許せる友情に近いもの」のようにも写った。しかし、 浪人は「食い扶持」を探すため「用心棒」という仕事を選び、五右衛門一家立ち寄った。そして五右衛門一家の用心棒である車助左衛門(ジョー山中)を一刀でひれ伏し、 五右衛門一家は彼を雇い入れてしまう。その頃、市は孤児を集め育てる少女おうめ( 草野とよ実 )と知り合い、この少女に母の面影をみて、心を通わせるのだった。おうめを我がものとしようとする八州取締役の元へ向かう市。 おうめを救い出す際に八州取締役 は市の手によって命を落とす。やがて 赤兵衛 の目論みも 五右衛門 の見抜かれ、宿場町を巻き込んだ五右衛門と赤兵衛の凄絶なやくざの出入りが幕を開け、 赤兵衛 は 五右衛門 一家によって命を落とすが、市はそのまっただ中へと飛び込んでいき、「居合い抜きの達人」である市は「格段の力の差」を五右衛門 一家に発揮してを 五右衛門 一家 ほぼ壊滅させる。そして最後には 五右衛門 は不意をつき市を切ろうするが、市によって切り返され命を落とす。親分を失って戦意を喪失し、たじろう五右衛門 一家 の残党の中に 女親分である菩薩のおはん とその一家が介入し、その場は収まりが付き、市は放浪の旅に出る。その旅の出始めの道中で、市は「浪人」をすれ違うが、「渡世の義理」か浪人は市とのすれ違い座間に刀を抜く。しかし刀を抜ききる前に市の放った「瞬速の居合い」で浪人は命を落とした。

「抜いたのはそっちが先だべ・・・・」

その言葉を残し、市はその場を立ち去っていく・・・・。

といったものです。

座頭市1989年版の予告動画

座頭市1989年版の概要と 死亡事故

座頭市1989年版では、勝新太郎が脚本・製作・監督を兼任した。
1988年(昭和63年)正月明けから始まった企画は、松竹も始めから「大作映画」として扱いを行うが、撮影がはじまったものの「おはん」役はまだ決定してなく「オーッディション」は繰り返された。また勝新太郎が脚本作りを何度も振り出しに戻すうちに、撮影は半年を浪費するに及んで、ついに松竹は企画打ち切りの意向を伝えてきた。慌てた中村努は勝新太郎を説得し、形ばかりの脚本を松竹に提出し、なんとか制作に入る自体となった。結果ストーリーはすべて勝新太郎のイメージを中村努が後付けで文章にまとめる形で進められた。
しかし撮影が切迫するそんな中、殺陣のリハーサル中、五右衛門役の奥村雄大の持っていた日本刀(真剣)が子分役の俳優の首に刺さり死亡事故が起きてしまう・・・。奥村雄大に真剣を持たせたのは助監督で、時代劇経験のない、急遽集められたスタッフの一人だった。「真剣の使用における安全管理の問題」「重大事故の発生にもかかわらず撮影を続行する製作姿勢」などが問題視され、一大スキャンダルとして報道されることとなる。
1月20日にようやくクランクアップした後、2月4日の封切りに、最終作業を間に合わないとみた松竹は公開延期を申し入れてくるが、「間にあう」と勝プロ・スタッフ陣は松竹に対し公言した。
そして、事件報道の集中砲火を浴びて満身創痍の勝新太郎であったが、得意の三味線を即興演奏して劇中に盛り込み、『座頭市』シリーズを支えてきた中村努、真田正典、南野梅雄といった旧知のスタッフ・又それ以外にも「職人」とも呼べるスタッフ陣は徹夜を重ね、撮影フィルムが30時間にも及んだこの「座頭市」を完成させた。
そして制作費に10億円を費やしたこの映画「座頭市」は公開されるや大ヒットとなった。

座頭市1989年版のキャスト・スタッフ

キャスト

  • 座頭市:勝新太郎

五右衛門一家

  • 五右衛門:奥村雄大
  • 菩薩のおはん:樋口可南子
  • 大親分:田武謙三
  • 仁:蟹江敬三
  • 車助左衛門:ジョー山中
  • 用心棒:安岡力也

赤兵衛一家

  • 赤兵衛:内田裕也
  • 源太:江幡高志

その他

  • 八州取締役:陣内孝則
  • 儀肋:三木のり平
  • 浪人:緒形拳
  • おうめ:草野とよ実
  • 鶴:片岡鶴太郎
  • 庄屋:多々良純
  • 岡っ引き:梅津栄
  • 旅の按摩:川谷拓三
  • 松村和子、堀田真三、長谷川恒之、上田耕一、金子研三、根岸一正、深作覚、森岡隆見、粟津號、堺左千夫、松本朝生、相原巨典、楠田薫、吉中六、うえずみのる、水森コウ太、片岡みえ、青柳文太郎、立木文彦、小池雄介、沼崎悠、加地健太郎、久遠利三、久保晶、幸田宗丸、伴直弥、大木正司、草薙良一、藤江リカ、姫ゆり子 ほか

スタッフ

  • 監督:勝新太郎
  • 製作者:勝新太郎、塚本ジューン・アダムス
  • プロデューサー:塚本潔、真田正典
  • 原作:子母沢寛
  • 脚本:勝新太郎、中村努、市山達巳
  • 脚色:中岡京平
  • 撮影:長沼六男
  • 照明:熊谷秀夫
  • 音楽:渡辺敬之
  • 美術:梅田千代夫
  • 編集:谷口登司夫
  • 録音:堀内戦治
  • 音響効果:帆苅幸雄
  • スチール:金田正、大谷栄一
  • 監督補:南野梅雄
  • 助監督:猪崎宣昭
  • 主題曲:JOHNNY「THE LONER」
  • 題字:日比野克彦
  • 殺陣:久世浩
  • 特殊造型:江川悦子、大池しおり、佐和一弘、寺田高士
  • 現像:東京現像所

座頭市1989年版のまとめ

当時 座頭市1989年版 、予算の増大、キャステイングの未決定、脚本の変更、撮影の遅れ、スケジュールの切迫に加え、映画撮影中「死亡事故」といったトラブルと困難に見舞われながらも完成し公開された「 勝新太郎主演で製作された最後の座頭市作品 」であり圧巻の迫力と勝新太郎の魅せる 座頭市 は今でも劣るものではなく「是非ご覧になってほしい映画」といえます。

座頭市1989年版 、おすすめです!