2017年9月ヤマト運輸が新たに配達に特化したドライバーとして実働した効用形態 「ヤマト運輸アンカーキャスト」について給料・賞与・年収・休日・待遇・口コミなどに触れてみたいと思います!

ヤマト運輸アンカーキャストとは

ヤマト運輸アンカーキャストとは2017年9月、ヤマト運輸が新たに配達に特化したドライバーとして実働した効用形態です。

従来のヤマト運輸のドライバーの補助的な部門として位置する「アンカーキャスト」だが、面接後に採用となれば、基礎的な研修にて知識を講習し、教育期間中は配属された営業所のドライバーと同行してドライバーとしてのノウハウを学習する。

いわゆる「横乗り」という期間だ。
その「横乗り」の間に「お客様」との接し方、配達コースの組み方、など宅配業のノウハウを学ぶと同時に、適正があるのかどうかも審査されていく。そして、徐々に「独り立ち」し、一人のドライバーとして業務に従事していくというわけだ。


アンカーキャスト面接

アンカーキャストの面接としては、ヤマト運輸の面接担当が営業所にて面接するが、一般的な面接であり、企業説明、業務説明、等踏まえ、簡単な適正テストが行われる。

もちろん、運送業経験者は有利であると考えられるが、一般的な運転技術と常識的な人間性があれば、さして高いハードルではない。


アンカーキャスト給料・賞与(ボ-ナス)・年収

アンカーキャストの給料・賞与(ボ-ナス)・年収いわゆる待遇に関して説明すると、勤務時間は午後からであり、8時間の拘束時間で7時間勤務の1時間休憩だ。
休日は週休2日制で年休にすると106日間と有給が付く。
但し、曜日的にはシフト制であり、必ずしも日祝日は休みになるとは限らない。
給料面に関しては、21万円からだが、そこに配達個数によるインゼクティブが加算されるものと考えられる。
(もちろん一人で配達できるようになってからだが)
後は交通費と賞与(ボ-ナス)が加算されるのだが、付け加えれば営業所の規模によっても給料の違いはでる。
つまり、地方の営業所より、都市部の営業所の方が最低賃金も違えば、宅配件数も違うので、その差はでる。
年収的にみると、やはり300万円は下回るが、社会保険や労災等は一式備えている。
資格的なものは、普通自動車免許でよく、実際使用する車は軽自動車(ハコバン)か1トン未満の車両なので、中型免許や大型免許は必要ない。

また物販にたいするノルマもなく、男女ともに年齢制限はないが、「体力が必要な仕事」であるため老年の方には厳しいものといえるだろう。


アンカーキャストの口コミ

いわゆるヤマト運輸のドライバーとして身につけるものは以下の項目となる。

ドライバー業務の1日の流れ
端末操作について
伝票や荷物の扱い方について
ドライとクール便(冷蔵と冷凍)について
接客方法について
荷物を集荷する方法
トラックの操作方法について

アンカーキャストの口コミについてはこれと言って目立ったものもないが、それもそのはず。
まだ実働して一年程度のものだから、いわゆる「繁忙期」を経験していないアンカーキャストも多いのだ。

また、経験者ならともかく身につけるものは以下の項目をモノにしたドライバーもすくないだろう。

指して待遇的には悪いものと感じられないが、会社側からみても雇用される側から見ても、本当の評価はこれから始まるといったところが本音なのではないだろうか。


アンカーキャストのまとめ

従来、運輸業に従事するドライバーとしては、様々な適性が求められると思われます。

「運転に対する適正」
無事故で安全に物品を配達するためには、交通道徳で認識、危険運転を避ける柔軟性が求められますが、もちろん日本の風土では。積雪がある地域もあり、そういった事の中で、より安全で尚且つ柔軟の運転技術が求められます。

また、宅配という仕事においては、個人宅に行くことが多いため、狭い道などを通ることも多々あり、ヤマト運輸で提唱されているバック走行をさける路線計画を 考えるためには、地理に詳しくなっていくことも必要でしょう。

いくらtabによるナビがあるとはいえど、その時に頼れるのはやはり経験なのです。

それによって、自分に適性がないと判断し、退職する方も少なくはないというのが 実際ドライバーの実情です。

また、 宅配業というものは人と人とのやり取りなので、個人情報の守秘義務をある他、ある程度の人とのコミュニケーション能力を求められます。

しかし、このアンカーキャストという制度の一番大きな事柄しては、中途採用でヤマト運輸に入れるというメリットが高いと思います。

つまり男女問わず、中堅世代が安定した雇用をにつけるということです。

しかし実際は、ドライバーというものは体力がいる仕事なのです。

そういった部分では、老年の方には難しい仕事ではないでしょうか。

また、体力的な問題もあり、とある年代までしかこのアンカーキャストをやり続けることができないかもしれません。

そういった個々の差はあると思われます。

現行現場でのドライバーとしては、配達補助的な役割を成すこのアンカーキャストについては多人数の雇用を望んでいますが、その中の意見としては、 実際このアンカーキャストに 応募して雇用された人間の中でどれだけの人間が長い間ヤマトのドライバーとして働いてくれるのかは未知数のです。

つまり配達業というものは楽な仕事ではないのです。

また前途でも述べた通り、それぞれの適性もありえるでしょう

これから年末から年始めにかけた繁忙期に、どれだけのドライバーが業務を理解し そして ヤマトのドライバーとして従事してくれるかは まさにこれからその結果が出るのではないでしょうか。

それは雇用側する会社側としても、従事する労働側としても言えることでしょう。