かつてトヨタ2000GTという日本で始めて作られた「名車中の名車」とさえ呼ばれる 「スポーツカー」
がありました。その トヨタ2000GT について開発経路の話やエンジンのスペックはもちろん、現在の中古車市場の状況や「レプリカ」も事までとことん調べてみました!!

トヨタ2000GTとは?


トヨタ2000GTとは、トヨタ自動車が企画し、ヤマハ発動機が開発及び生産を担当して1967年から1970年までトヨタブランドで限定生産された高級乗用車で、当時の2000GTの価格は238万円であり、現在の貨幣価値に換算すると1,500万円から2,000万円似達し、当時のトヨタ自動車の高級車であるクラウンが2台、大衆車のカローラが6台買えるという破格な価格がついています。

ちなみに1967年当時の日本における大卒者の初任給がおおむね26,000円前後であったことを考慮してもいかにこの2000GTが最高級車であったのかということが伺えます。

映画(007)に出てきたトヨタ2000GTの動画

トヨタ2000GTとヤマハ発動機。日本のハンドメイド高性能スポーツカー


日本の発展途上期において、自社の技術力を国内外にアピールすべく、 ヤマハ発動機の技術に着目して、トヨタ自動車が協同開発したハンドメイドの高性能スポーツカーであり、本格的な「グランド・ツーリングカー」としては日本最初の存在といえる車両でした。その概要は1960年代の日本製自動車としては異例の高度なメカニズムと流麗なデザインを兼ね備えた画期的存在であり、性能面でも世界水準に達したことを交えると、日本車歴史上、後世にまで名を残す一台であり、その存在は東京タワー、東海道新幹線、大阪万博の「太陽の塔」などと並び、高度経済成長期における日本の躍進を象徴するアイコンの一つにすらなっている程です。。

トヨタ2000GTとオートバイメーカー・ヤマハ発動機のプロジェクト


当時オートバイメーカーとして既に日本を代表する存在と なっていたヤマハ発動機は、日産自動車と提携してクローズド・ボディの高性能スポーツカーの開発を目論み、試作車も作られたと言われているが、この計画は途中で頓挫しており、ヤマハ発動機は、クローズド・ボディの高性能スポーツカーの開発という企画を改めてトヨタ自動車に持ちかけます。そしてイメージリーダーとなるスポーツカーの必要性を認識していたトヨタ側もこれに応諾し、プロジェクトリーダーの河野二郎、デザイン担当の野崎喩、エンジン担当の高木英匡、シャシーと全体レイアウト担当の山崎進一の4人を中心に1964年から開発が開始され、翌1965年1月、トヨタ側の関係者がヤマハ発動機に出向し、ヤマハのエンジニアと共に詳細設計を行い、4月末に設計図が完成します。更に、計画開始か ら僅か10ヶ月後の8月に試作車の第1号車が完成し、トヨタ自動車に送られその後、トヨタ自動車は実際の生産をヤマハ発動機に委託し、鈑金・溶接・車体組立・エンジン組立・塗装の工程は、ヤマハ発動機が静岡県磐田市に新設した9号館工場で手作業によって行われました。生産を委託されたヤマハ発動機はFRPパーツ類は新居工場(浜名郡新居町)に製造され、内装パネル関係は日本楽器製造、ボディのプレス関係は1950年代にバイクメーカーとして活躍し、ヤマハの傘下に入った北川自動車工業(後のヤマハ車体工業、1993年4月にヤマハ発動機に吸収合併)が担当しています。

トヨタ2000GTの開発に関する評価

トヨタ・2000GTは上記のような経緯から、「トヨタは2000GTの自力開発ができず、ヤマハが開発・生 産したスポーツカーを買い取っていたに過ぎない」「これは実際には『ヤマハ2000GT』というべきものである」とする酷評に近い言動も発生していますが、両社の開発分担が厳密にはどのようなものだったのかについては諸説あって、2000GTの開発・生産にヤマハが著しく寄与したことは事実と言えど、ヤマハ発動機側は2000GTの開発については、「ヤマハの技術供与」という表現を用いています。

トヨタ2000GTフラッグシップモデルとしてのその後の動向とアメリカ市場向けの廉価版2300GT

市販開始から2年後の1969年8月に、マイナーチェンジが行われ
2300GTという、SOHCエンジンを採用した車輌も開発されました。この開発は、ヤマハ発動機がトヨタ自動車に対して提案する形で進められ、アメリカ市場向けの 廉価版として本格生産も考えられたようですが、最終的にはトヨタ自動車の反発に遭い生産までは行き着きませんでいた。そして、生産に手間がかかり過ぎてコスト面で引き合わない価格設定でありつつも、トヨタのフラッグシップモデルとして、国産車の高技術力を示す旗艦として全生産期間を通じて常に赤字計上での販売であったにも拘らず生産されたトヨタ・2000GTでしたが、イメージリーダーとして十分な役割を果たしたとの判断から、1970年で生産は終了します。

トヨタ2000GTって何台作られたの?(オープンカーも入ってます)

日本で始めて作られた「高性能スポーツ」として、オートバイメーカー・ヤマハ発動機を発端にプロジェクトされたトヨタ 2000 GTですが、様々な評価を受ける中、1967年5月から1970年8月までの3年3ヶ月で337台が生産されており、その内訳は下記の通りです。

国内向け ・前期型110台・ 後期型108台
輸出向け ・102台
特殊用途車 ・前期型12台 ・ 後期型2台
試作・テスト用 ・2台
消息不明 ・1台

トヨタ2000GT のレプリカとスペック

現在では「絶対に入手困難な車トヨタ2000GT」のレプリカが作られています。(もちろん 入手困難な 名車ってことになれば、そうなります)

それがなんと価格は「1680万円」と妥当なのですが(そのくらい価値があるんです!トヨタ2000GTは! 本物が1億円クラスなのですから!)エンジンにはアクア用「THS-II」ハイブリッドエンジン搭載されており、ハイブリッドの「2000GT RHV」が1680万円~、また直6モデル「R3000GT」が1980万円 だそうです!

そして燃費は 41.1km/l だそうです!(いろんな意味で凄い!)

旧車ファンの間では有名なショップ 愛知県岡崎市に拠点を置く「ロッキーオート」さんといショップで扱っておられるそうです。

(注意!2020年1月にて確認された話ですので、現在の製作以来・発注状況は変更されている可能性はあります)

2000GT RHVとオリジナルのスペック比較するとこうなります・・・。

オリジナルトヨタ2000GT スペック


全長x全幅x全高(mm):4175x1400x1160  
車両重量:1120kg
エンジン:1988cc、直列6気筒DOHC
最高出力:150ps/6600回転
最大トルク:18.0kg.m/5000回転 110.8Nm(11.3kg.m)/3600回転
駆動方式:後輪駆動
トランスミッション:5MT / 3AT

2000 RHV スペック


全長x全幅x全高(mm) :4150x1600x1120
車両重量:970kg
エンジン:1496cc、ハイブリッド1NZ-FEX型エンジン
最高出力:システム合計73kW(100ps)
エンジン54.4kW(74ps) 4800rpm/ モーター45kW(61ps)
最大トルク:110.8Nm(11.3kg.m) 3600rpm/ モーター169Nm(17.2kgm)
駆動方式:前輪駆動
トランスミッション:CVT

トヨタ2000GTの中古車状況とまとめ

現在極めて入手困難な車にトヨタ2000 GT ですが、 中古車が1台 はあることが確認できていま2020年3月1日調べ)

現在極めて入手困難な車にトヨタ2000 GT ですが、なんと「中古車が1台」 はあることが確認できています!(2020年3月1日調べ)

詳細は以下の通りです。

2000GT

応談在庫確認・見積もり依頼

昭和43年(1968年) 8.8万km ペガサスホワイト 2000cc MT 2WD 車検整備なし 修復歴なし 販売店保証なし

この「日本の名車中の名車」と呼ばれ、様々な歴史の中で様々な経路をたどり、そして世界に送り出されてた初めての「国産スポーツカー・トヨタ2000GT」

一般的にはよほど高収入の所得がある方でもないと入手は不可能ですが、しかし一つの日本をの夢を乗せた車のが現在もこうやって愛され、そしてなおかつ現存すらしているということが紹介できて良かったと思います。
日本最強最後のスポーツカートヨタ2000 GT おすすめです!!