かつて「ダルマセリカ」の愛称で知られた
トヨタの車がありました。

現在からは考えられぬ独特の
スタイルは「名車」と呼ばれ
現在も尚、根強いファンを持つ車です。

そんな初代トヨタ・セリカについて

中古車価格やカスタムパーツについて
自分なりに調べてみました!

トヨタのダルマセリカって、どんな車?

「ダルマセリカ」の愛称で知られる
初代トヨタ・セリカは
1969年に開催された「東京モーターショー」に出展された
コンセプトカー「EX-1」
をベースに翌年の1970年にトヨタ自動車から販売された
スポーツタイプの2ドアクーペです。

1973年4月には
1972年のモーターショーに出品された
コンセプトカー「SV-1」をベースにしてテールゲート(バックドア)を備えた3ドアリフトバック(LB)もラインナップに加えられ販売されました。

特に特徴的なのは
丸2頭のヘッドライトと
ラップアラウンドタイプのメッキバンパーそして、スラントノーズのフロント部分がまるでだるまのようにふくよかなため「ダルマセリカ」の愛称が付いたといわれています。

形式名はA20/30型でエンジンや内装では「フルチョイス」といわれた

「好みのエンジン、変速機、内装を自由に選べる」

というシステムを導入しましたが、一番人気となったのは「フルチョイス」の対象外だった1600GTでした。


1600GTは、ヤマハ製の2T-G型DOHCエンジンを積んだ最上級モデルであり、人気が圧倒的に高く、現在でも雑誌などの旧車特集でA20/30型が特集される際は、ほとんどの割合でGTが登場しています。

ダルマセリカのスペック

販売期間1970年 – 1977年
ボディタイプ2ドアクーペ
3ドアリフトバック
エンジン直列4気筒2.0/1.6/1.4L
駆動方式FR
変速機3速AT/5速MT/4速MT
サスペンションF:マクファーソンストラットコイル
R:4リンクリジッドコイル
全長4,215mm
全幅1,620mm
全高1,280mm
ホイールベース2,425mm
車両重量1,040kg

ダルマセリカの中古車価格

1970年から1977年までの約7年間 ダルマセリカが生産された台数は 411815台になります。

名車としても名高い ダルマセリカは、いわゆる希少車であり、 その中古車価格となると、 状態の良いすぐに自走できるものとなれば 結構な金額となります。

その一例を挙げてみます。

セリカ 1600 GT
年式1973年
走行距離6.7万キロ
本体車両価格298万円

セリカ GTV
年式1975年
走行距離不明
本体車両価格229万円

セリカ1600 GTV
ワタナベ製14インチアルミホイール付き
年式1975年
走行距離8.5万キロ
本体車両価格304万円

といった 具合でまず200万円を切るものはありません。

尚、不動車及びパーツ取り車両ならまだしも、車検を通らない車両であっても、其れなりの(三桁近い)価格になると想われます。

(2020年 6月9日調べ)