現在、電気自動車やハイブリッドカーというものは当たり前にある時代となりました。
しかしその反面、ハリアーやCRーV、 レガシィアウトバックといった SUV車( スポーツ・ユーティリティ・ビークル) は今も尚、生産され続けています。
特に大型の SUV 車となれば海外では、ゼネラルモータースが作った HUMMER などが有名ですよね。
しかし日本でも大型の SUV 車というものはあるのです。
しかも和製ハマーと呼ばれるほどの大型の SUV 車が存在するのを皆さんご存じでしょうか。
その車の名前はメガクルーザー。
トヨタから生産され販売されている大型 SUV 車とも言える車です。
新車で購入するのは大変困難な車なのですが、 そのメガクルーザーについて中古車事情も含め触れていきたいと思います。

メガクルーザーとは

メガクルーザーとはトヨタ自動車が作った多目的自動車です。
元々メガクルーザーは陸上自衛隊用と して作られた 高機動車を民間用として、 1996年にメガクルーザーの名前で販売されました。
その大きさは全長 5メートル飛んで を超え、 横幅は2メートル170センチ、 全高は2メートル75センチと非常に大きくなもので、 車両重量に至っては2850 kg となります。
外観的には非常に四角く角張ったら外観でありまさに和製ハマーと言える代物で5ドアの仕様となっています。
販売期間としては1996年から販売されたものの、2001年には一般への販売は一応終了しています。
そして、当時のメガクルーザーの新車価格としては諸費用を含めると1010万円という価格で販売されていました。

メガクルーザーの特徴

現在でもメガクルーザーは生産は行われていますただし航空自衛隊と海上自衛隊で使用するために生産されているのです。
ちなみに陸上自衛隊はメガクルーザーではなく、高機動車を使っています。
そのメガクルーザーの特徴として挙げられるのは何といってもその登坂力であり、 そこら辺の土手や階段ならわけなく登る事も下る事も出来てしまいます。
室内に至っては6人乗りで、運転席は異常に広いのですが、助手席とは確実に隔離されたコンソールボックスで試運転席は仕切られており、 助手席から運転席周りのインパネを操作することはインパネが90秒に運転席側に向いているため 操作ができない形になっています。
メーター廻り至っては、シンプルな作りでタコメーターすらありません。
変速機に至っては4速 AT のロックアップ機構付きです。
オプションとしてサンルーフも用意されていますが、 このサンルーフは脱着式でサンルーフというよりも作業用ハッチと言った方が良い品物です。
園児に至っては直四の4.1リッターで、 意外と思うかもしれませんが馬力としては170馬力です。
燃料もハイオク仕様ではありませんが、 これは高機動車の流れなのか高度に精製されたハイオクのような 燃料が調達しにくい地域でも、 燃料を調達して異常なく動くように配慮されたものです。
乗り心地としては意外とマイルドなものとなっており、 オプションとしては、タイヤの空気圧調節機能まであります。
登坂力などは一言言えば、日本の中では SUV の中ではメガクルーザーが最強ではないかといわれています。
つまり大概の悪路などは、 完全に走破できてしまう性能を持っているという事です。
興味をある方は YouTube なので メガクルーザーが走行をする動画などが投稿されているので、見てみるとその凄さがわかりますよ。

メガクルーザーの中古車市場

一般的にメガクルーザーは1996年から2001年までの6年間しか民間には販売されていません。
一説によればこの時期に売れた販売台数は132台だけとも言われています。
ともなるとメガクルーザーは中古車市場にあまり出回っていないしゃしということがわかります。
中古車価格的には900万円台です。
正直言うと中古車市場でメガクルーザーを手に入れようとすることは相当難しいのではないのでしょうか。

メガクルーザーのカスタム

いわゆる球数が出てない車メガクルーザーなのですが、 しかしその絶大な機動性から SUV 車としては人気が高く、メガクルーザーを購入し カスタムしているユーザーもおられるようです。
しかし実際はメガクルーザーのアフターパーツというのはほとんど販売されていなく、カスタムしているユーザーは従来あるパーツを加工して流用しているのか、それとも自作しているというのが現状です。
しかしもともとが、 高機動車だけあって外観的には 少々のカスタムでも相当印象が変わってきます。
つまり完成しているデザインに付け加えるといった感じでしょうか?
その外観から見ても SUV 車ファンなら一度は乗りたい車と思える憧れの車ともいえるでしょう。
実質、街中でメガクルーザーが走っているところを見るのは、かなり稀なことなのですから。

まとめ

和製ハマーともあだ名されるトヨタ・メガクルーザーについて中古車市場を垣間見て色々と説明してきましたが、 その高機動車クラスの 性能や クラシックでありながら 周りの車を寄せ付けない外観の格好良さから、根強いファンは多い車でもあります。
皆さんもこういった素晴らしい前の車が日本でも発売されているということに目を向けてみるのも良いのではないでしょうか。