数々の映画評論家から評価では絶賛され、所々に散らばめられた「オマージュ」と二転三転するストーリー展開に公開当時話題となり、続編の製作も期待されるホラー映画 「キャビン」。

そのホラー映画「キャビン」について解説し、あらすじやキャストはもちろん、元ネタになったモンスター(日本のあのモンスターも出てたりします!)やラストのネタバレ、また無料動画で見る方法も含めて紹介します!

映画「キャビン」のあらすじ

女子大生のデイナは友人4人と、深い森の奥にある山小屋に旅行しに行った。
山小屋に向かう道中で立ち寄ったガソリンスタドの男から山小屋に関する不可解な話を聞くが、山小屋に向かう5人。
山小屋に辿り着き旅行を楽しむデイナたちであったが突然地下室の扉が開き、その地下室でデイナは謎の日記を見つけてしまう。
その日記の内容は、ある少女と彼女の家族が犯してきた恐ろしい罪が書いてあり、日記の最後には謎のラテン語文が書かれていた。
デイナは迂闊にもそのラテン語を声を出して読んでしまう(馬鹿だなデイナ!まずいパターンじゃないの!ッて感じですが・・・)
ラテン語をデイナが読んだ後、森の中に埋まっていた少女一家の死体が起き上がり、デイナたちを殺すために山小屋へむかう!
これが惨劇の始まりだったのだが、ハイテク機器に囲まれた管制室でデイナたちの行動を監視している謎の組織いた・・・。
その組織は、ある重大な目的を果たすために描かれたシナリオの通りにデイナたちを殺そうとしていたのだったが・・・。

映画「キャビン」 のキャスト

映画「キャビン」 のキャストは以下の通りです。
( )の中は日本語吹き替えであたられたキャストの方々です。

・デイナ/クリステン・コノリー(本名陽子)
・カート/クリス・ヘムズワース(三宅健太)
・ジュールズ/アンナ・ハッチソン(志田有彩)
・マーティ/フラン・クランツ(桜塚やっくん)
・ホールデン/ジェシー・ウィリアムズ(小田柿悠太)
・ゲイリー/リチャード・ジェンキンス(大塚芳忠)
・スティーヴ/ブラッドリー・ウィットフォード(内田直哉)
・ダニエル/ブライアン・ホワイト(山岸治雄)
・ウェンディ/エイミー・アッカー(塩谷綾子)
・モーデカイ/ティム・デザーン
・ロナルド/トム・レンク(下妻由幸)
・マシュー/ダン・ペイン
・ペイシェンス/ジョデル・フェルランド
・ファーザー/ダン・シェア
・マザー・バックナー – マヤ・マッサー
・ユダ/マット・ドレイク
・館長/シガニー・ウィーバー(弥永和子)

主なスタッフの方々は以下の通りです。

・ドリュー・ゴダード/監督・脚本
・ジョス・ウェドン/製作・脚本
・ジェイソン・クラーク/製作総指揮
・ピーター・デミング/撮影
・マーティン・ホイスト/美術

映画「キャビン」 のラスト(ネタバレあり!)

この地球には、古くから巨大で邪悪な神がおり、その神を地下に封じておくためには、一定の周期で5人の若者を生贄にして神を満足さる必要があった。

成功すると神は鎮まり、失敗すると邪悪な神は地上に出て来て、人類は破滅すると言われていた。

そのために組織は、デイナたちも含むさまざまな場所で5人の若者を生贄を作るため、各国に施設を置きシナリオを描き、カメラやマジックミラーで5人を監視して、所々でモンスターを出現させコントロールしていた。

しかしストックホルムでは生贄のコントロールに失敗し、残ったのは日本とアメリカだけだった。

つまり、神を鎮める鍵は日本とデイナたちがいるアメリカに托されていたのだ。

だが、今までノーミスだった日本も失敗してしまい(貞子か 伽椰子 っぽい幽霊が成仏してしまう!)全てはデイナたちに託される。


人類の破滅がかかっている以上失敗は許されない組織は焦りだす。
しかし、ネタバレ的なオチをいえば、デイナたちは組織のコントロールに気づき、組織のシナリオを波状させ、最後は シガニー・ウィーバー 演じる館長から組織の目的を話されるものの、結局その生贄の条件を破綻させて生き残り、組織の人間は壊滅し、邪悪の神が復活して、地上に這い上がろうとするというラストシーンとなります。

映画「キャビン」 の元ネタになった日本や海外のモンスター

ホラー映画「キャビン」に登場する元ネタになったモンスターや映画を紹介します!(日本のモンスターも出ています!)

・デイナたちが旅行に行った山小屋=「死霊のはらわた」
・アメリカの広大な研究施設内でコーヒーを飲んでいた2人の研究者=「CUBE ZERO」「トゥルーマン・ショー」
・5人が途中立ち寄るガソリンスタンド=「悪魔のいけにえ」「クライモリ」
・ガソリンスタンドの男モーデガイ=「悪魔のいけにえ」
・5人は水遊びに興じる湖=「13日の金曜日」(ジェイソン)
・地下室=「死霊のはらわた」
・ラテン語をデイナが読んで復活する少女(ゾンビ)=「死霊のはらわた」
・組織の日本施設で出ていた幽霊(成仏してしまうのですが!)=「リング」(貞子)「呪怨」(伽椰子)

その他、ゾンビはもちろん、半漁人・狼男・ バンパイア・スケアクロウ・ミイラ男・ピエロ・など様々なモンスターが登場し、「エイリアン」「スクリーム」「ヘルレイザー」といった名作ホラー映画へのオマージュが散りばめられています!

映画「キャビン」 の解説・評価

「キャビン」は様々な映画評論家から解説され高い評価を得ており、映画評論では知られる「町山智浩」さんからは「クライマックスはすごい!クライマックスは13日の金曜日とエイリアンとエルム街の悪夢と悪魔のいけにえとゴジラがいっぺんに襲ってくる感じでものすごい展開になる!」と解説し、評価をつけています。

またアートディレクター・映画ライターとして活躍し、ホラー映画の評価でも有名な「高橋ヨシキ」さんから「凄い盛りだくさんの映画なので、ホラー映画が好きじゃないという人にも凄くこれ(キャビン)は適していると思うし、一方で凄くホラー映画をいっぱい観ている人にとってはクリスマスプレゼントみたいな映画」と解説し、高い評価を出しています。

映画「キャビン」 の続編は・・・

ホラー映画「キャビン」は2012年に作られた映画ですが、2015年10月3日のツイッターで

『キャビン』続編製作をスタジオが希望!監督ドリュー・ゴダードが映画会社からアプローチを受けたことを明かした。続編は想定外だが、共同脚本ジョス・ウェドンと一緒に十分大笑い出来るネタさえあればやるかもしれないとのこと

というツイートがありましたが、現在映画「キャビン」の続編の製作は発表されていません・・・・

(新しい続報があれば、アップします・・・)

映画「キャビン」 を無料で見る方法

映画「キャビン」 を無料で見る方法としては、時期的に「GYAO!」などでも動画が公開されている時がありますが、確実に無料で「キャビン」を視聴するのなら、 動画配信サイトはU-NEXT の 無料トライアル期間がおすすめです。



31日 U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。 間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かからないので、その 無料トライアル期間が31日 になる前に解約すれば、確実に映画「キャビン」を無料で動画視聴できますよね。

まとめ

斬新な展開と様々なホラー映画へのオマージュが散りばめられて、公開時には全米でもスマッシュヒットを飛ばしたホラー映画「キャビン」を紹介させてもらいました。

続編の情報もまたあれば、アップしていきたいと思っていますが、まだ「キャビン」を見ていないという方には是非お勧めの映画です!