新型レブル250(ホンダ・Rebel)が2020年に入りニューモデルとして販売が決定しました!

女性ライダーにも人気が高かったホンダのバイク、レブル(Rebel) 250 の新型モデルについてスペックや価格・発売日も交えて、現行型の ホンダ・レブル(Rebel) 250 の燃費や中古車価格、マフラーなどのカスタムパーツの話も交えて、その魅力を語って行きたい思います!

ホンダ・レブル(Rebel)250とは?

レブル250(Rebel 250)はホンダから販売されているクルーザータイプバイクです。

( クルーザータイプバイク とはアメリカンバイクと同じ意味で、アメリカンというのは日本独自の呼び方だったりします)

前のモデルのレブル (Rebel 250) は、2017年に販売され、全長 2.190 m、 全幅 0.820 、 全高 0.820 、 最低地上高 0.150 といった大きさで、男性のライダーからはもちろん女性のライダーからも人気があり、順調にセールスを伸ばしていったバイクで「昨年ホンダで一番売れたバイク」と言われていたりします。

ちなみに全モデルの価格は新車価格で ¥498,000 でした。

新型になる前のホンダ・レブル(Rebel)250は女性ライダーに人気があった !

レブル(Rebel) 250が順調なセールスを伸ばしていった理由のひとつとして、やはり「女性ライダーにうけた」という理由があると思います。

と言うのもレブル(Rebel )250 はレブル (Rebel ) 500の車格を持ちつつの 車両重量 は168kgで、190kgのレブル (Rebel ) 500より22kg軽く非力なライダーにも扱いやすく、更にシート高が 0.690mで小柄な女性ライダーでも両足が地面にべったりついて乗りやすいという安心感があったのです。

更にエンジンはレーサーレプリカである CBR250Rのエンジンがベースになっていおり、低速から中速にいたる加速もパワフルで、女性ライダーのみならず男性ライダーも魅了しました。

しかし、欠点と言えば ハンドルまでが遠く、ライディングポジションは絵になるカッコイイスタイルなのですが、そういったポジション的には女性ライダーは若干の不安を感じたかもしれません。

レブル(Rebel)250 中古車市場の平均価格

ホンダ・レブル(Rebel)250は人気車ゆえに中古車市場の価格は落ちず程度の良いものや、オプションが装備されているものだと50万から60万円という価格がざらで、場合によっては新車価格とさほど変わらない値段で販売されていたりします。

現在(2020年2月3日の地点で)人気の高い 2017年から2019年までの年式でみると、年式に関わらず 車体価格は40万~50万円といったものが ほとんどで40万円を切るものは、なかなか見かけません。

結果的に総支払額は50万円を超えるものがほとんどです。

ABSやETCが装備されている車体であったり、純正部品であろうバックレストやエンジンガードが装着された車体(いわゆるオプション装備の車体)であったりすると車体価格は50万円を超え、総支払額は60万円を超える車体もよく見かけます。

総合的に言うと、レブル250の中古車価格は40万円から50万円後半であり、「値崩れしない」「400ccと比べると250ccのバイクは割高」とはいわれますが、その中でも新車と余りひらきのない価格であるレブル250 は「高い中古車価格」のバイクと判断できますね。

( 2020年2月3日現在の地点で)

ホンダ・レブル(Rebel)250の燃費

現行型のレブル(Rebel)250の燃費 は優秀で、レブル250の燃料タンク容量は11L ですが、高速道路での走行時では、 燃費は28km/Lと非常 に良い結果だったとインプレッションでいわれていました。

(条件的には平均時速80キロから90キロでの走行で、体重が75kgのライダーが、2~3キログラムの荷物を積んででの走行結果です)

ホンダ・レブル(Rebel)250のマフラーなどのカスタムパーツ

人気車であるレブル(Rebel)250 ともなると様々なメーカーからカスタムパーツが販売されています。

(yahooショッピングで検索しても800件以上の検索結果が出ました)

中でも多く観られたカスタムパーツはやはりマフラーで、素材的にはステンレスで作られたサイレンサーなどが3万円後半から5万円代で販売されています。

マフラー本体ともなると、二本出しのスリップオンマフラー等が7万円代の価格で販売されています。

またその他のカスタムパーツでは、テールランプキット、 サドルバッグ 、バックサポート、クッションシートなど一通りのカスタムパーツが豊富に販売されています。

2020年モデル新型 ホンダ・レブル(Rebel)250のスペックや価格・発売日

2020年モデル新型レブル250 は何といってもヘッドライト・ウインカー・テールランプにLEDを採用し、特にヘッドライトに至っては4連LEDを採用する等、個性的で、メーターには目視性の良い シンプルなデジタルメーター を引き続き採用するなど、更にスタイリッシュでかっこいいバイクになっています!

更に同時にヘッドライトカウルなどの アクセサリーを標準搭載した「レブル250 S Edition 」も販売されます。

2020年モデル新型レブル250のスペックと価格は以下の通りです。

全長×全幅×全高2205×820×1090mm
ホイールベース1490mm
最低地上高150mm
シート高690mm
車両重量170kg S Edition は171kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量249cc
ボア×ストローク76.0×55.0mm
圧縮比10.7
最高出力19kW(26PS)/9500rpm
最大トルク22N・m(2.2kgf・m)/7750rpm
燃料タンク容量11L
変速機形式6速リターン
キャスター角28.00゜
トレール量110mm
タイヤサイズ(前・後)130/90-16M/C 67H・150/80-16M/C 71H
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格59万9500円
S Edition は63万8000円 (消費税10%込)

そして、 注目される発売日は2020年3月19日 です!!

まとめ

2020年の新型モデルとして、ホンダのみならず各メーカーからさまざまなニューモデルが販売されますが、この新型 レブル250(Rebel 250) も外観やスペック等見てみても「魅力に満ち溢れたバイク」にまちがいはありません!

また レブル250(Rebel 250) だけではなく、その他のモデルも取り上げて説明していこうと思いますが、この新型 レブル250 は男性ライダーにも女性ライダーにもおすすめです!