介護・看護を含む「医療」にはQOL「クオリティ・オブ・ライフ」という概念があります。 
その「QOL」は「生活の質」とも呼ばれ、様々な医療現場で使われる言葉であり概念です。
しかしまだ一般的には誤解されやすいといわれる概念であり、その誤解から向上の妨げとなったり、時には低下させる事もあるようです。

そのQOLについて意味・定義や携わっていくサービス・看護について調べてみました!

QOLの意味と定義とは?


QOLとはクオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life)の略語であり、その定義と意味は「人がどれだけ人間らしい望み通りの生活」を送ることが出来ているかを計るための尺度と解釈できます。
また、サンクティティ・オブ・ライフ(sanctity of life)といってSOLとも呼ばれるほぼ同じ定義と意味をもった概念も存在しています。

QOLを低下させず向上させなければならない理由

QOLを低下させず向上させ無ければならない理由は、QOLが介護医療や看護の場において大きな役割りを担っているからなのです。

元来QOLに対する取り組みは医療の歴史とともに発展してきた概念ともいわれており、それは従来医療は人を診るものであり、医学は病気を診るものだとする考え方がありました。
しかし「病気は治った」が「患者は精神は病んだ」という状況が発生してしまい、問題となったのです。
なぜなら、医療の進歩から医療も科学的側面が強くなった為ともいわれていますが、現状的に長期療養を要する疾患、消耗の激しい疾患や進行性の疾患では、患者への侵襲が激しい治療また、ある程度の副作用を要する投薬を継続することによって、生活の制限、患者が自ら望む生き方、もしくは社会的にみた場合の「人間らしい生活」と考える生活が実現できないことが自覚されたのです。


そこで、患者自身がより尊厳を、その患者の望む生き方を、保つことが出来る生活を実現することが出来るよう患者に援助を与えることが必要であるという考え方が生じました。
そして、QOLに意味される定義を持つ 「生活の質」「生命の質」 という概念が重要視されるようになっていったのです。
現在では、QOLが重要視されたことによって「QOL(生活の質)を維持する、向上させる」などといった言葉でも表現もされる程となりました。

QOLを低下させる誤った解釈

QOLは患者自身がより尊厳を保つことが出来る生活を実現することが出来るよう患者に援助を与えるといった概念ですが、「QOLは生きるに値しない命があるという考え方、SOLは人間はみな生きるに値するという考え方」こうした誤解された定義が蔓延しているようです。
ですが、QOL、SOLという 概念は向上を図るといった概念であって、こうした誤解のいう生命の定義的概念とは一切関係ないことに分類されます。

また、痛みなどの症状軽減を目的とした医療は緩和医療と呼ばれ、これもQOL、SOLという概念とはべつの意味となります。
ひどい誤解になるとQOLとは、人の命に医療関係者が順位づけをするものだといったものまであるようです。
あくまで、QOL、SOLとは人間らしい生活を向上させるための行動した後の考察であって、その状況が否かどうかをその場で決めるといった強引な考えではありません。

QOLと類似するSOLの意味とその誤解

QOLとほぼ意味は同じ概念とさせてSOL サンクティティ・オブ・ライフ(sanctity of life)という概念の意味は、人がどれだけ人間的尊厳を保った生活を送れているかを計る考え方であり、本質的にはクオリティ・オブ・ライフと何ら変わりのない尺度を持った考え方です。
ですが、日本国内ではいまだに、「QOLかSOLか」という二項対立的議論が後を絶たえず、こうしたことからも社会的にもQOLという概念へ対する、語弊、誤解が解けていないことが伺えます。

QOLを主眼においた看護

QOLは看護においても新しい概念を齎しています。
QOLを主眼においた動きで、ターミナルケア(Terminal Care)といったものもあります。
これは、末期的な症状の患者に対し、延命を目的とするものではなく、身体的苦痛や精神的苦痛を軽減することによって、QOLつまり人生の質を向上することに主眼が置かれている処置であり、医療的な処置である緩和医療に加え、精神的側面を重視した総合的な措置がとられています。

QOLが重視されたことによって、生まれた看護・介護も含めた医療

近年、全体的な医療においてQOLを重視した流れ起こりはじめました。
理由は、日本経済の成熟と医療市場の拡大が引き起こした事でもありました。
しかし、そうした看護・介護も含めた医療によって、結果的には飛躍的に技術が向上した分野もあります。
そのひとつとして先ず取り上げられるのが、美容外科です。
美容外科の概念の一つですが、専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を 行う事によってその個人の「生活の質」を上げて行くといったものであり、臨床医学の一つで、その中から独立した標榜科目でもあります。

今後のQOLの評価とまとめ


高年齢化やストレスの深刻化が進む社会状況のなかで、精神的な治療はもとより発達した医療技術面においては、QOLに着眼された処置や考え方、その研究は重要視されています。
国立ガンセンターでもQOL(生活の質)を考えた治療の方法 についての講義などが行われています。
やはり、そうした概念をふまえた治療は今後の医療において、必要不可欠な概念であり、より重要視されていく事ことはまちがいないようです!