いくつかある暖房器具の中に「オイルヒーター」というものがあります。
デロンギなど各メーカーから販売されているオイルヒーターですが、その使い方や電気代やデメリット、またおすすめできる評判や口コミなど気になるところではないでしょうか?
また、オイルヒーターに火事の心配はないのか?
また使わなくなったオイルヒーターの処分の仕方など様々な事を調べてみました。

オイルヒーターのとは?

オイルヒーターとは、四角い箱に縦に何本ものフィンが刻まれているような形であり、例えるなら足で踏んで浮き輪等を膨らませる空気ポンプを四角くして横にしたような形状になっています。
(緻密に言うとバネを横にしたような形ですが)
原理的には、そのフィンがついた四角い箱の中にオイルが入っており、電気で熱を起しそのオイルを加熱して、温まったオイルが各フィンに行き渡り、フィンに行き渡ったオイルの熱でゆっくりと室内を暖めるというものです。

オイルヒーターのメリット

エアコン・ファンヒーター・ストーブと様々な暖房器具にもそれぞれのメリットがありますが、オイルヒーターには独自のメリットがあります。そのオイルヒーターのメリットについて説明します。

音がすることがほどんどない

オイルヒーターはファンを回して暖かい空気を送り出す暖房器具ではないため、 音がすることがほどんどありません。

安全性が高い・火事になる危険性がない

オイルにより放熱フィンが温められることにより熱が空気に伝わる構造で、フィンの表意面温度も触っても火傷しないくらい温度になっているため、近くにいても火傷する事がほとんどありません。さらに火事になる危険性がファンヒーターやストーブに比べるとありません。

メンテナンスする必要がない

オイルヒーターはファンヒーターやストーブのように灯油燃焼させることで熱を出す構造ではないため交換部品がありません。オイルにいたっても密閉されているため交換の必要がありません。ほぼメンテナンスフリーに近い状態です。

空気が汚れにくい

オイルヒーターは燃料を燃やして部屋を温める暖房器具ではないため二酸化炭素を発生させる事がありません。ですので空気を汚しにくいのです。

オイルヒーターのデメリット

オイルヒーターには他の暖房器具と比べ独自のメリットがありましたが、しかしオイルヒーターの構造上仕方ないデメリットがあります。そのデメリットについて説明します。

電気代がかかる

オイルヒーターは他の暖房器具と比べると電気代がかかる傾向にあります。というのもオイルヒーターはフィンをオイルで温めてからフィンの放熱にによって部屋をゆっくり暖めていきます。ですので部屋を暖めるまでに時間がかかるので電気代が時間がかかる分割高になってしまうのです。

換気すると効果が落ちる

オイルヒーターは部屋を温めるまでに時間がかかる暖房器具です。そのため換気すると下がった温度を上げるまでにさらなる時間がかかってしまうのです。

オイルヒーターの賢い使い方

オイルヒーター 使い方としては、オイルが温まってからその熱で室内を暖める為、ファンヒーターやストーブのような即効性はないため、オイルヒーターの機能としてあるタイマーを使うか、「温まるまで時間がかかる事」を想定して使った方がが良いでしょう。 また室内を暖めるまでに時間がかかってしまい電気代がかかる傾向にあるデメリットと空気を汚しにくいメリットというオイルヒーターのメリットを考えると、他の暖房器具で室内を暖めてからオイルヒーターを使うといった使い方もおすすめです。

デロンギオイルヒーターの口コミとおすすめ度

オイルヒーターの口コミを調べる際、オイルヒーターを販売しているメーカーとしては有名な「デロンギ」のオイルヒーターの口コミを参考にさせてもらいました。やはり総合的にみるとオイルヒーター のメリットとデメリットに関係したレビューを多く見かけました。オイルヒーターをは「電気代がかかる」「思ったより短時間での暖房効果がない」といったマイナス的な口コミと「空気が汚れない」「音が静かでいい」プラス的な口コミにわかれていました。総合的にいうとオイルヒーターのメリットを生かす為には他の暖房器具と一緒に使う事がよいようです。

ですがデロンギオイルヒーターのおすすめ度はタイマー機能や「暖房器具のガス匂い、灯油の匂いが気になる方、暖房器具の音が嫌いな方にはオイルヒーターがおススメできます」といった口コミ・レビューも多くみられ、比較的には高い評価となっていました。

オイルヒーターの処分の仕方

使わなくなったオイルヒーターの処分の仕方についてですが、その方法は以下のものとなります。

・粗大ごみとして出す
各自治体によって違いますが、回収費としてはオイルヒーター一台につき200円から1,000円程度かかります。

・メーカーの回収サービスに出す
各メーカーにも回収してくれるサービスはありますが、オイルヒーターを販売しているデロンギでの回収サービスを挙げると再資源化の費用はデロンギが負担してくれます。しかし送料は申込者が負担することになり、実質1500円くらいの送料がかかる事にまります。

その他では廃品回収業者に出す、オークションで出品する、リサイクルショップに出すなどの処分方法があります。

オイルヒーターのまとめ

オイルヒーターはあくまで暖房器具のひとつではありますが、中には昔ながらの暖房器具でもあるため「昔を懐かしんで使っている」といった方も口コミ等で見受けられました。もう2月も半ば近くとなりましたが、火事の危険性が少なく部屋の空気を汚しにくいといった オイルヒーター 。

今更ですがおすすめです!