軽自動車の車検の通し方をご存知の方は折られますか?

経費の安さや車としての性能や使い勝手の良さからユーザーが増えた軽自動車ですが、車検に関する車検代費用や受ける期間期間は何年おきなのか?予約は必要なのか?こうした疑問と車検書も含む用意しなければいけない書類等について調べてみました。

軽自動車の車検代・費用はいくら?その相場は?

軽自動車の車検代・費用はいくらなのか?その相場について解説します。
先ず、車検とは自動車検査登録制度(じどうしゃけんさとうろくせいど)の事をであり、略して「車検」といいます。

何の為にある制度でというと、その車(一般的な定義では、全ての日本国内の公道を走行する自動車、自動二輪車もしくは自動で走行する車両を含みます)が保安基準に適合しているかを確認するため、一定期間ごとに国土交通省が検査を行い、また自動車の所有権を公証するために登録するためのものです。
この車検も全体的に維持費や税金などが低価格な軽自動車でまったくかかる値段が、普通車に比べると低額なのです。
そうした軽自動車の車検について記載ししてみます。
軽自動車の車検ですが、自分でやらずに委託すると普通車は10万円は必ず超えます。
基本的にかかる費用が軽自動車に比べて高額なのです。
相場が新しい車体であっても15万前後かかる普通車に比べると、軽自動車は7~8万円とおよそ半分の費用で終わります。

軽自動車の車検の内容・ユーザー車検のメリット・デメリット

基本的に軽自動車の車検を行う手段は3種類あって、整備車検(ディーラー車検)と車検代行とユーザー車検の3種類となります。
この中でもっとも高額なのが整備車検(ディーラー車検)となります。
それには理由があり、ディーラー車検が高価なのは、ディーラーの収益も兼ねて、(時間工賃での計算であったり)
車検前の点検整備のおもな内容は、予防的に消耗品を交換するからですが、しかしディーラーはその車に応じて整備基準というものを設けており、
交換部品などでは、一定の走行距離での交換が指定されているため、費用はかかりますが車両自体の消耗部品 (ブレーキパッドなど)
の交換は終わっているので、安全性は高いといえます。
しかし、ユーザー車検や代行車検では、検査にパスする最低限の点検整備しか行いません。

軽自動車の車検、予約は必要ですか?

軽自動車の車検、予約は必要なのかどうかについて解説します。
車検というものは「車検が切れた車」に限らず、新車として新たに登録される車も「車検」を受ける必要があります。
ですので、「自動車が良く売れる時期」の前は車検を受ける準備や整備をするディーラーや自動車整備工場はもちろん、各県に設立されている「車検場」も込み合います。
時期的にいえば、新卒者が社会人になる前に自動車運転免許を取得し、自動車を購入する4月が目処になり、年明けからは車検の予約は早めにしておいた方が良いといえるでしょう。

特にユーザー車検の場合では、自動車を所有しているユーザーが運輸支局等の検査場に予約を入れて車を持ち込んで車検を受けるというものです。
この予約が込み合う時期には、早目の対応をお勧めします。

ちなみにユーザー車検の場合に実際、行われるのは、必要書類の記入程度であり、どうしても基準に達しない場合は「検査後整備」と記入すれば一応OKといった事も時としてあったようです。
但し当然、格安な費用で車検を通す事ができますが安全性はどうかといえば、長期にわたって使用してきた軽自動車の場合であったりするとかなり不安な点があるといえます。

軽自動車の車検期間は何年おき?

軽自動車の車検期間は何年おきに受けなければいけないのか解説します。
軽自動車は初回で3年後、 以降は2年ごとに車検を受けることを義務ずけられています。
近年で軽自動車は、維持費の安さ、燃費のよさ、登録などが普通車と比較すると簡単であったりする事から需要は増えました。
しかも、中古車市場での価格相場が崩れ難いといった事もあり、所有している車体を売却しやすい事もあって
(結構古い車体でも、状態がそれほど悪くなければ売却できる)
中古車の台数も増えています。
そうした面で見ても、車検などに関する安全面への注意は必要であり、一概に費用を安くすることが良いとは限りません
しかし、決して「ユーザー車検」がいけない訳ではありません。
要は、普段からのメンテナンスにかかる金額の出し惜しみをしないということが大事なのです。
エンジンオイル・パワステオイル等の潤滑油やタイヤの空気圧の点検などから始まり、ブレーキをかけた際の警告音(レーシング用などのブレーキパッドでなければ、ブレーキをかけた際に、ブレーキパッドが薄くなってくると、「ギギギギッ!」という音がします。これは、「ブレーキパッドが薄くなっています」という事を教えるための警告音なんです)またはエンジンをかけてからボンネットの方から「キュキュルルルル!!」と音がした場合、タイミングベルトが緩んでいる場合があるので、そうした際は近くのガソリンスタンドなどで見てもらったりする、費用や手間を惜しまない事が大事なのです。

軽自動車の車検にいる書類は何はいるの?
車検証の再発行の必要はありますか?

軽自動車の車検にいる書類は何が必要なのか?また車検証を紛失してしまった場合車検を受ける際に再発行の必要はあるのかどうか解説していきます。

自動車検査証(車検証)重要な必要書類です。
車検証は紛失してしまうと車検をする以前に公道を走れない決まりなのです。そのため、なくなったとわかった段階で再発行を必ずおこないましょう。
再発行は普通自動車の管轄は運輸支局ですが、軽自動車の管轄は軽自動車検査協会です。

自賠責保険証明書
軽自動車の車検でも自賠責保険証明書が必要です。

軽自動車税納税証明書
軽自動車税納税証明書は、軽自動車専用の自動車税で内容は普通車と同じです。

自動車検査票
自分で車検を行うユーザー車検の場合は、軽自動車検査票での合格が必要です。

自動車重量税納付書
自動車重量税納付書は軽自動車の車検でも必要ですが、税額は比較的安くなります。

継続検査申請書
軽自動車のユーザー車検を行う際は、継続検査申請書も必要となります。

定期点検整備記録簿
定期点検整備記録簿の書類は、ユーザー車検をする軽自動車と普通車で違いはありません。そのため、普通車と同じ方法で入手・作成し提出しましょう。

委任状
軽自動車の委任状が必要な条件は、普通自動車の車検時と同じです。

軽自動車の車検のまとめ

日本の車検という制度は、通常の場合だとその50%近い金額を税金でもっていかれるといっても過言ではなく、「何でそんなに車検って高額なの?」という声が後を絶ちませんでした。
実質、「車検」は車自体にかける金額より県や国に払う金額の方が大半を占めていたのが「ユーザー車検」が認可される前の一般的な車検だったのです。
しかし、「ユーザー車検」が決して安全性の低いものというわけでもなく、ドライバー自身で車検を受けた方が、安全性は高くなるともいえます。
なぜなら、自分が乗る車の状態を、自分自身が理解するということになるのですから。
こうした意識の持ち方しだいでは、家計にかかる生活費の節約や仕事などの通勤時での費用の節約でも、大きく役立っていく事は間違いないでしょう。
軽自動車の車検について、今一度興味を持ってみてはいかがでしょうか。