国際投信投資顧問とは?その経歴や在籍していた著名人を辿り、投資信託の説明をとおして、その評価や国際投資の内容などに触れ、 「International Investment Trust Investment Advisor」 って何なのか資産運営に対しての国際投信投資顧問の対処などを様々なことを交え調べてみました。

国際投信投資顧問ってなんですか?

国際投信投資顧問とは資産運営などの手法の一つともされている投資信託での国際投資に対処した会社であり、投資信託としての評価も高く、その経歴には、国際投信投資顧問を経て現在にいたる著名人もいるようです。つまり「国際投信投資顧問 」ってのは「投資信託」って「資産運営(言ってしまえば金儲け)」を日本国内の市場だけじゃなくて、海外での案件に対してもアバイスする会社ってわけで、簡単に略すと「資産運営(言ってしまえば金儲け)」 してる会社をアドバイスする会社や人たちって捉え方も出来るかもです。

ちなみに英名では「International Investment Trust Investment Advisor」ってなります。

投資信託の仕組み

投資信託は、顧客の方(投資家)から資金を集めその資金で株に投資して、利益を投資した人に分配するしくみになっている会社です。いってしまえばファンドに近いのか。

国際投信投資顧問をやってる会社

国際投信投資顧問の経歴としては、国際投信投資顧問は、投資信託の運用などを行っている会社であり、東京都千代田区丸の内に本社があります。1983年に国際投信委託株式会社として設立されており、1997年7月に国際投信委託株式会社と国際投資顧問株式会社が合併て誕生した会社で、人気投資信託商品の「グローバル・ソブリン・オープン」で有名です。

国際投信投資顧問を経ていった著名人

この国際投信投資顧問に在籍していた人物では、著名人として知られておられる方も多く、大阪府出身の実業家・経済評論家・キャスターである藤沢久美も1989年 大阪市立大学生活科学部卒業後、国際投信委託(現/国際投信投資顧問)に入社しており、これを経て2005年、法政大学院ビジネススクールイノベーションマネジメント研究科の客員教授に就任し現在までに至ってる傍らNHK教育テレビの『21世紀ビジネス塾』でキャスターを務めるなど、セミナーやテレビ・ラジオ・雑誌など幅広いメディアを通じて、経済や経営 についてわかりやすい解説との評価のある解説を展開しています。また日本の教育者である中澤信雄氏は国際投信投資顧問株式会社取締役会長と40年近い証券投資関連業務を活かして、日本経済の活性化を目指して起業家を育成することを決意され、2006年4月事業創造大学院大学の建学に参画することで教育事業に転換しています。

国際投信投資顧問と投資信託の関係

国際投信投資顧問の特性は通常の投資信託と異なる部面も若干存在し、通常似の投資信託は、顧客の方(投資家)から資金を集めその資金で株に投資して、利益を投資した人に分配するしくみになっていますが、現状、株は難しくなかなか利益が出るものではなくハイリスクの割には、利益がなく昔と違い株でもうけたという話も乏しくなっているのが現在の現状です。しかし、銀行にお金を預けておいても金利が発生しない時代の流れに移った現代では、そのまま金額を銀行などに寝かしておいてもしょうがないといった傾向が強くなり、特に中高年の人が、投資に興味を持つといった傾向になってきています。そういった場合において国際投信投資顧問での投資信託のメリットとしては、自分にかかる負担が なくなることであり、国際投信投資顧問では、少しの経済影響でも株価が下がる株式市場において、常に情報が流動しており、対応的な部分に対しても万全な体制に常時おいてあります。また、何かの影響で一部の分野が暴落したときに、個人では大損害を出してしまいますが、分散投資を行っている、投資信託ではその損害は一部に出来、自分の資金を最小限の損失に留める事が出来るといった対応策も取られているようです。

国際投信投資顧問と国際投資の関係

国際投信投資顧問は、国際系の投資信託であり、国際投資に対してのプロフェッショナルな会社であり、国内投資以外にも、海外投資にも精通しています。しかし近年の状況下では、投資信託を扱っている会社は近年増加傾向 にあるものの、成果が出せずに倒産する会社も多いのが実状であり、昔からある大きな会社を選ぶ方が力の弱い子会社よりも良いと思う人も多いといった状況にあります。そういったリスク面を考慮すると国際投信投資顧問は有益な企業であるとも言え、実状的にいえば自身の投資額や方向性、また資産運営などを行う事での目的金額などに沿っていると判断できれば、委ねる事も考えられる企業かもしれません。

国際投信投資顧問と資産運営・まとめ

資産運営を行うにあたって、国際投信投資顧問を利用される方もおられます。実際資産運営での幾つかある手法のひとつとして、株式投資といった方向をとる場合も有り、投資信託を行う証券会社などを選出するにあたって、国内企業間の株に投資をする事 を選ばず、国際投資を行うにはそれなりのバックアップ体制が出来ている会社としての評価は高いレベルに国際投信投資顧問はあります。

つまり 「資産運営(言ってしまえば金儲け)」投資 のプロにアドバイスする会社ってわけですから、評価が高くて当たり前で、だから仕事として成立してるって事ですね。

こういった国際投信投資顧問って世界もあるんだと思っていただければ幸いです・・・。