昆虫食と聞くと
「えっ!昆虫を食べるの!」
とドン引いてしまう方も多いのではないでしょうか?
しかしそれは意外や意外・・・。


日本でも昆虫食文化は
「いなご」など昔から聞きますが
タレントの井上味楽さんに至っては
この方自体が昆虫食愛好家であり
意外と食べてみると美味しいとの事でなのです。


しかも昆虫食には「デメリット」はなく
栄養価が高い上に肌にもよい!
などメリットがあるそうです。


また、そんな昆虫食に入門的な
「bugoom(バグーム )」
というドライフーズも
日本サプリメントフーズ株式会社
という会社から通販ショップが

立ち上げられ販売されているのです。


そんなある意味「未知の食品」
昆虫食について調べてみました。

昆虫食文化は日本にもある!東京のレストランでは・・・?世界では人気食材らしい?

日本でも古来より
「蜂の子」や「いなごの佃煮」などの
昆虫を食べる文化はありますが、
東京にある某レストランでは
「サソリ酒」「オオグソクムシの唐揚」「六種の昆虫食べ比べセット」
という「トンでもメニュー」が出されていました。

そして世界では、アジアやアフリカを中心とする約100ヵ国に昆虫食文化は根付いており、カブトムシやシロアリなどの約2,000種類の昆虫が食べられており、ヨーロッパの地方に至っては、大手スーパーで食材として昆虫スナックなどの商品が並べられるほどの人気食材なのだそうです。



昆虫食愛好家「井上味楽さん」

昆虫食愛好家のタレント井上味楽さんとは「普通に可愛い女性タレントさん」なのですが、昆虫食に「はまった」というきっかけは、長野県のアンテナショップで蜂の子を食べた後に知り合いの知り合いが作っている「コオロギラーメン」を食べる機会があったからだったそうです。


「井上味楽さん」がいうには「コオロギラーメン」を食べた時に「コレを食べるの?」と最初は思ったそうですが、それは「見た目の先入観」だったそうで実は美味しく最終的には「ガンガン食べていた」そうです。


そんな昆虫食愛好家のタレント井上味楽さんが「常にバッグに入れて持ち歩いている昆虫食品(そんなに頻繁に食べているらしい!)」が「bugoom(バグーム )」だそうです。

気になる「昆虫食品」の味と栄養価

「昆虫って美味しいの?」そんな疑問もあるでしょう。


実は昆虫の味は「蟹や海老」に近いものがあり、フリーズドライ品に至っては「ナッツに似た食感」もあるそうで、旨みの強いものも多く、中には「フルーツのような甘み」がある昆虫もあるそうです。


そして、昆虫の栄養価は非常に高く【天然のプロテイン】といわれるほどタンパク質が豊富であり、魚介類系含まれる【オメガ3系脂肪酸】が豊富だそうで、含まれる不飽和脂肪酸も肌に良いとされています。


その結果、昆虫食愛好家の方からは「肌の調子は良くなった」との声もある程です。

ちなみに100グラムあたりでの動物性タンパク質の含有率を測ってみると、牛肉赤身が22%・豚肉赤身が約23%・鶏肉ささみ肉は約27%・・・・


しかしヨーロッパイエコオロギに至っては、それをダントツでぶち抜く約70%もの動物性タンパク質が含まれています!

昆虫食のデメリット

しかし昆虫ならなんでも美味しいというわけではなく、美味しい昆虫もいれば、美味しくない昆虫もいるというデメリットもあります。


また、食べている昆虫によっても味が変わるそうで、幼虫の時に腐葉土を食べるカブトムシは土臭くておいしくないのだそうです。


もちろん衛生的に安全を確保するため、しっかり火を通さまければなりません。


しかし、安心できる加工をされた上にスナック感覚で食べれる「bugoom(バグーム )」ともなれば安心ですね。

通販で昆虫食を楽しめる日本サプリメントフーズ株式会社の「bugoom(バグーム )」

昆虫食といっても、やはり手頃なものではないと思われがちですが、実はそうでもないのです。

今回この栄養価などを調べるにあたって、参考にさせていただきました
日本サプリメントフーズ株式会社さんが運営する


昆虫専門通販ショップ

「bugoom(バグーム)」ですが


こちらでは

「昆虫食が未来を救う」というコンセプトに
世界各地の人間が食べられる虫を集めて
昆虫(Bug)食が発展(Boom)することを願って立ち上げた
ブランドなのだそうで

コオロギやサソリ、カブトムシ、タランチュラやサロリなど
昆虫を塩で味付けして丸ごとスナックにした20種類とパウダータイプの5種類を販売しておられ


現在、サイトでは、コオロギやサソリ、カブトムシ、
タランチュラやサロリなどの昆虫を
塩で味付けして丸ごとスナックにしたドライタイプの20種類とパウダータイプの5種類を販売されており
先ほど紹介した昆虫食愛好家のタレントの井上味楽さんも
初心者向けなのはコオロギで、ナッツみたいな感覚
足が口の中で引っかかったりするようなことは一切なくて
本当に食べやすいと絶賛されていました。

この昆虫食に関する事で参考にさせて頂いた

【昆虫食専門通販ショップbugoom(バグーム)】

の詳細はこちらです。▼▼
次世代のスーパーフード昆虫食を販売【bugoom(バグーム)】



昆虫食のまとめ

現在となっては

「昆虫食専門通販ショップbugoom(バグーム)」

といった昆虫食を推進するような会社も

日本に現れたと思われるかも知れませんが

どうやら販売元の

「日本サプリメントフーズ株式会社」さんは

主に健康食品・化粧品・衣類関連(自社オリジナル商品)の通信販売のほか、一般健康食品の卸やOEM製造を手がける会社であり「昆虫の栄養価を真剣に評価し、新しい健康をもたらすフーズ」として捕らえておられるそうです。


様々な概念はあるかも知れませんが

「百聞は一見に如かず 」の例えもあります。
「昆虫食」を味わってみるのも

「意外な発見」があるかもしれません。

手軽に食べれるコウロギせんべいはこちら!