頭痛とめまい。あなたはその症状の原因をご存知ですか。
頭痛とめまいがする(続く)または吐き気等の症状が出た時は、病気という認識はを持ち、たかが偏頭痛とは思わず対応する事が大事です。
いざという時に行く病院は何科にいけばいいのか?その症状や対策・治し方について調べてみました。

頭痛とめまいがする(もしくは続く)原因

頭痛・めまいなどの症状の原因の代表的なもの挙げてみました。

  • 血管拡張
  • 精神・筋の緊張  
  • 炎症性
  • 関連痛
  • 心因性

頭痛とめまいとは、かなり密接な関係にある場合もある事をご存知でしょうか。
めまいと一言でいっても、実はさまざまな症状や原因があり、めまいの症状を考えてみると、回転性のめまい、浮動性のめまい、そしていわゆる立ちくらみなどその症状として挙げれます。
回転性めまいというのは、グルグル回っているような錯覚が表れるめまいです。
自分自身がぐるぐると回っていたり、まわりの景色が回って見えたりという症状の違いは若干ありますが、
いずれにしても回転しているような感覚に陥るのがめまいなのです。

頭痛とめまいから吐き気にいたるまでの症状

浮動性めまいというのは、からだ全体がふわふわした感覚で宙に浮いているように感じられたり、あるいは グラグラと体が揺れるように感じてまっすぐに体を直立させることができない状態のめまいですが、大抵この場合、同時に吐き気を催します。
頭痛めまいが襲ってくるのも、大抵はこの浮動性めまいの場合です。
更に立ちくらみは、立ち上がるときに目の前が真っ暗になったり意識が遠のいたりするめまいです。
貧血の症状と似ていますがこの時最悪の場合、強烈な頭痛が襲ってくる場合も珍しくはありません。
また、吐き気がして嘔吐したりする場合も、浮動性めまいが先に症状として現れる場合があります。
こういった症状が続く場合「重大な疾患の前兆」でもありえるので、早めに医療機関での受診をする事を勧めます。

頭痛とめまいは偏頭痛と類似する

さて、それではめまいの起こる原因について考えてみましょう。
めまいは主に耳の病気が原因の場合と、脳の病気が原因の場合の2種類に分かれ、耳には三半規管と呼ばれる 体の平衡感覚をつかさどる器官があり、耳が病気にかかることにより平衡感覚に異常が出てめまいが起こることがあります。
これが耳の病気に起因するめまいです。

持病として偏頭痛を持っておられる方はもうお解かりかもしれませんが、これらの症状は偏頭痛と共通しています。

頭痛とめまいが起きたら医師に相談しよう

めまいの病気としてはメニエール病が挙げられたり、中耳炎などでもめまいが起きる場合がありますが、それを軽く見る判断はやめてください。脳内で起きた事が原因となるめまいもあるからです。
というよりも、頭痛とめまいは主に脳が病気になった事で起こる症状です。
この病名を聞いたことのある方も多いと思いますが、脳梗塞、脳内出血、脳腫瘍など、実は脳内での異常が原因で起こるめまい というのは、命の危険性がある重大な病気が潜んでいることが非常に多いのです。
頭痛とめまいが同時に襲うような症状が表れた場合、早目にお医者さん相談したほうが確実に良いです。
取り返しのつかぬ実例も実際はあるのですから。

頭痛とめまいが起きた時に病院行ったら何科に行けばよいのか?

尚、頭痛めまいで病院にかかる場合、頭痛外来という頭痛専門外来や、頭痛専門医のいる病院をオススメします。
実際こうした制度があるのですが、頭痛専門医とは日本頭痛学会が認定している資格で、日本頭痛学会に3年以上在籍しており、頭痛関連学会認定医・専門医・指導医などの資格を有することが必要など、かなり厳格なルールの下に認定されるものであるのです。
頭痛というのは本当に 原因が多岐に渡り、単なるストレスや悩みなどによる頭痛もある一方で、頭痛めまいなどに見られるように、脳に異常のある緊急性のある頭痛までさまざまですが、肝心なことは頭痛にお悩みのあなたは、本当
に納得でき尚且つ信頼できる病院もしくは医療機関に診てもらい、信頼できる医師に託すことが重要です。

頭痛とめまいの治し方

頭痛とめまいの治し方としては、やはり「食事の改善」と「ストレスのコントロール」になるようです。
近年、医療機関にこれらの症状を訴え受診する患者は増加しているそうです。
つまり「生活習慣病」に頭痛とめまいが認識されだしたのです。
とですので、一時的な治療も「痛み和らげる」上では有効的ですが、予防と対策としては普段からの「生活環境」から変えていく必要性があるのです。

頭痛とめまいのまとめ

頭痛とめまいは男女問わず、痛しく苦痛なものです。
早めの治療を心がけていても、いざその症状が出た場合「どうしたらいいのか」と戸惑う事も多々あります。
やはり、普段からの自分自身の健康状態を良好に保つための意識が必要だと思われます。
快適な日常を過ごすためにも、たまにはゆっくり心を穏やかにするためのケアが必要でしょう。