「花粉症の種類」と数を把握している方は少ないと思います。

花粉症の種類をカレンダーで表すと「一年中」何らかの症状が出る「花粉症」があるのです!
その花粉症の種類と診断出来る「検査方法」や「調べ方」また「症状・予防・対策」について調べてみました!

花粉症の種類とその数と時期をカレンダーにすると・・・

まずはカレンダーを見てください。

一年中なんらかの「花粉」が空気中に飛んでいる事は分かってもらえたと思われます。

一年で見る「花粉症の種類」

近年「花粉症」は「通年病」とも言われつつあるそうです。実際 「花粉症シーズンじゃない」 という間違った認識で風邪と勘違いしてしまい、「花粉症対策」が遅れ症状が酷くなってしまう場合もあるそうです。

花粉症の種類には主にスギ・ヒノキ・ブタクサ以外にもシラカンバ・イネ科・ヨモギといった植物の花粉が鼻水・鼻づまりといった症状を引き起こします。

それを春・夏・秋・冬で表にすると以下の通りとなります。

季節植物の名称花粉の拡散時期
スギ・ヒノキスギは2月から4月
ヒノキは3月から5月
シラカンバ・イネ科シラカンバは4月から6月
イネ科は 4月から11月
ブタクサ・ヨモギ
・カナムグラ
ブタクサは8月から10月
ヨモギは8月から10月
カナムグラ8月から10月
スギ スギは2月から

※(花粉の拡散時期は地域によっても異なります。又これ以外の植物でも花粉症の症状を引き起こす花粉を拡散する植物はあります。あくまでこれは代表的な事例です。)

この事からも判るように一年を通して花粉症を引き起こすの種類の植物が花粉を飛散させています。

花粉症を引き起こすの種類の 分布地とその症状と予防・対策

上記で記載した スギ・ヒノキ・ シラカンバ・イネ科・ ブタクサ・ヨモギ・カナムグラの内、代表的な花粉症を引き起こす植物で スギ・ヒノキと 日本で初めて見つかった花粉症 を齎せた植物ブタクサの分布地と、引き起こす花粉症の症状を説明します。

スギの分布地と引き起こす症状と予防・対策

東北地方以西~四国、九州に広く自生。
スギの引き起こす花粉症の症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・頭痛・喉のかゆみ・皮膚のかゆみ・不眠などが挙げられます。
予防・対策としては、症状が出たら医療機関で受診する事をお勧めします。
外出時には、マスク・メガネ・帽子・花粉の付きにくい生地の服装を心がけ、帰宅時には外で洋服や髪の毛に付いた花粉を払い落としてから入室してください。
あと帰宅直後の手洗い、うがい、洗顔をする事を忘れずに!

ヒノキの分布地と引き起こす症状と予防・対策

福島県以南から九州にかけて分布。
ヒノキの引き起こす花粉症の症状としては、ほぼスギと同じですが、気をつけてほしいのは年度や地域によって、スギよりもヒノキ花粉の飛散量が多い時期があり、スギと合わせると 2月から5月にかけては大量の花粉が空気中に蔓延しているということです。
その症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・頭痛・喉のかゆみ・皮膚のかゆみ・不眠などが挙げられます。
予防・対策としては、症状が出たら医療機関で受診する事をお勧めします。
外出時には、マスク・メガネ・帽子・花粉の付きにくい生地の服装を心がけ、帰宅時には外で洋服や髪の毛に付いた花粉を払い落としてから入室してください。
あと帰宅直後の十分な手洗い、うがい、洗顔をする事を忘れずに!

ブタクサの分布地と引き起こす症状と予防・対策

ほぼ日本全国に分布しており、畑地、樹園地、牧草地、道ばた、河川敷、荒れ地などに自生しています。

ブタクサ の場合、スギやヒノキと違って花粉は100メートル程度にしか飛びませんが、厄介なのは「日本中のどこにでもはえている」ということです。
ブタクサの引き起こす花粉症の症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・頭痛・喉のかゆみ・皮膚のかゆみなどが挙げられますが、特に肌や喉に異常がでます。

予防・対策としては他の花粉症を齎す植物と同じく、外出時には、マスク・メガネ・帽子・花粉の付きにくい生地の服装を心がけ、帰宅時には外で洋服や髪の毛に付いた花粉を払い落としてから入室するところまでは変わりませんが、 なんと言ってもブタクサが生えている 畑地、樹園地、牧草地、道ばた、河川敷、荒れ地 などで ブタクサ を見つけたら近付かないことが一番の対策といえるでしょう。

花粉症の種類と診断出来る「検査方法」や「調べ方」

花粉症になった事を調べ方をしてはWEB等にある「調査シート」などで調べる手段もありますが、一種のアレルギーである「花粉症」に対して最も有効と思われるのは医療機関での「血液監査」ではと思われます。

現在では「通年病」とすら言われる「花粉症」ですので、「風邪かな」と思える症状が出た場合に早めの対応として医療機関での検査を行う事をお勧めします。

「花粉症の種類」のまとめ

近年、今まで意識してなかったような聴いたことも無い「感染症」や「アレルギー」が毎年のようにニュースで報道されています。

花粉症もまた「身近にある重大な疾患を引き起こすアレルギー症状」のひとつといえるのではないでしょうか。

「まだ大丈夫」「単なる風邪だから」などの軽く見る思い込みは、危険な事ではないかと思われます。

「何事も無ければそれは良し」として「花粉症」の種類が多数ある事を認識して、対策・予防、場合によっては医療機関での検査を行ってみてはいかがでしょうか。