「ガラージュ」というゲームソフトがあります。
このゲームは「幻のゲーム」とも呼ばれ、その「中古ソフト」の値段は10万円から20万円近い価格で販売されているという恐ろしく希少価値の高いゲームなのです!
この激レアゲーム「ガラージュ」について、そのストーリーやエンディング(ネタバレも含め)考察して調べてみました!

「ガラージュ」というゲーム 考察・なぜ激レアなのか!

先ず「ガラージュ」というゲームを考察して「なぜ激レアなのか」その経路と概要を調べてみました。

「ガラージュ」というゲームのなぜ入手困難になったのか?

「ガラージュ(Garage)」は、1999年に現在はWebサイトの構築などの事業を行っている「キノトロープ社」からWindowsに対応したPCゲームソフトとして発売されましたが、初回3000部の販売後に東芝EMIがCD-ROM事業から撤退してしまい、絶版となってしまいます。
その後、開発会社のキノトロープ社から「ガラージュ」の製作監督を努めていた「作場知生」さんが許可を取り、2004年に「ガラージュ私家版」として再販されましたが、初回の3000部と再販版を合わせても約3500枚程の数しか世に出回っていません。
また「ガラージュ」はアメリカのValve社が運営するPCゲームのデジタル著作権管理兼、ダウンロード販売プラットフォームである「Steam(スチーム)」にすら出回っていない、「ガラージュ」をプレイするためには「現物」を手に入れるしか方法はありません。
その為「ガラージュ」の希少価値は上がり現在では入手困難なゲームソフトとなってしまいます。

「ガラージュ」というゲーム の世界観

「ガラージュ」というゲームはスチームパンクめいた世界観に加え、登場人物全てが(プレイヤーさえも)生体機械という独特の世界観であるアドベンチャーゲームです。


そのあまりにも独創性がぶっ飛んだ世界観から「クーロンズゲートやBAROQUEと並び、3大歪みゲーム」とまで称され、一部熱狂的なファンから支持されています。

「ガラージュ」というゲーム のストーリー

「ガラージュ」のストーリーは、 内燃機関と蒸気機関、さらに水槽期間が合成された濃密な閉鎖空間に主人公(プレイヤー)は突然として存在します。
全ての住人は生体機械であり、周りを見渡しても木造建造物と腐食した金属と汚れきった水で満たされて覆い尽くされています。


そんなゆがんだ世界の中で、主人公は自分自身の体も 生体機械であることに気づきながら、まるで迷路のような空間を、この世界の出口を求めてさまよい歩くこととなります。 

といったものです。

「ガラージュ」というゲーム のエンディング(ネタバレ注意)

ガラージュのエンディング(ネタバレあり)は、 生体機械であった 主人公はクリスタルに囲まれたような空間で、主人公は人間に戻ります・・・。
このエンディングについては 実際難解なものもありますが、YouTube でプレイ実況動画もありますのでご覧になってみることをお勧めします。
各々でのエンディングの意味の捉え方があるかもしれません。 

「ガラージュ」というゲーム の中古ソフト販売価格

現在「ガラージュ」というゲームをヤフオクやメルカリなどでも見つけ出す事は困難を極めます。

実質2004年に再販された「私屋版 ガラージュ」に至っては「 数年に1度出回るかどうか分からないほどレアゲーム」ともいわれており、20万円の中古ソフト販売価格は当たり前で、20万円以上の値段で取引されたケースもあったようです!

(と思えば状態が悪かったのか?1万円以下で取引されたケースもあります・・・)

「ガラージュ」というゲームのまとめ

「ガラージュ」というゲームについて調べてみましたが、独特のスチームパンクに溢れたその世界観は魅力的で、クリア後もあまりの異色さに何度でもプレイを楽しめると聞きます。

実際あまりにも激レアなゲームソフトの為に入手困難を極めますが、実況動画も多く配信されているため興味のある方は一度ご覧になってみるのもいいのではないでしょうか・・・。

激レアゲーム「ガラージュ」おすすめです!