現在では栄養素に対する一般的な知識も高まり、酵素というものもよく見かけます。
しかし詳しい事はわからないという方もおられるのではないでしょうか。

ダイエット効果があるといわれる「酵素」


では、その酵素について効果や特徴も分かりやすく説明していきます。

酵素ダイエットとは

酵素は体内にも体外にもあります。
簡単に言えば「人間が食べた食物に体内で化学変化を起こして生きるために必要な栄養に変えたり代謝させたりするために重要なもの」で「人が生きるためになくてはならないもの」ともいえるのが酵素なのです。
しかも現在普段の食事で足りない栄養を体に効果的に取り入れる事は一般的になりました。
もちろん意識した食品で栄養を身体に補給することは大切なことですが、栄養だけではなく酵素を取り入れることも体にとって非常に良い事なのです。
私たちは食物を食べる事によって体に栄養を補給します。
その食物に含まれる栄養は消化・吸収・代謝して体をより正常に機能させる為に取り入れられるのですが、その摂取され体内に取り入れられた食物に含まれる栄養はそのままでは体に吸収されません。
体内に取り入れられた食物は、体内で化学反応を起こし分解されてから栄養に変わり体に吸収されます。
しかしその化学反応を起こすには、体に取り入れられた食物は化学反応を起こす役割がある酵素が必要となるのです。
ではその肯定を説明していくと体内には様々な酵素がありますが、代表的なものとしては「消化酵素」と「代謝酵素」といわれる酵素があります。
まず、食べる事によって摂取された食物は体内にある「消化酵素」が働いて栄養に換わります。
そして、体内にある「代謝酵素」の働きによって分解され排泄されていくのです。
例えば、アミノ酸は筋肉組織の回復や筋肉の発達を助ける効果が非常にある栄養です。
そのアミノ酸は、肉や大豆に含まれるタンパク質が「ポリペプチド」という消化酵素によってアミノ酸に変化できる科学反応を起こし、体に吸収されていくという経路を辿るのです。
逆に言えば「 肉や大豆にタンパク質が多く含まれている=アミノ酸」だからアミノ酸が多く取れているというわけではなく「ポリペプチド」という消化酵素が働いて、初めてアミノ酸に変わるのです。
もちろん「ポリペプチド」は体内でも生成されます。
ならば「ポリペプチド」という消化酵素を多く含むサプリメントを摂取すれば、アミノ酸の吸収率をより高めるという効果が望める事になります。
そうした意味でも、 サプリメントに含まれる栄養と酵素は、サプリメントを選ぶ際に非常に重要なキーワードとなるのです。
ちなみに体内にある酵素の種類は、現在約3000種類の酵素が発見されているそうです。
その酵素には、それぞれ特定の役割があり、体を動かすのに必要な酵素、また思考し考えたりするのに必要な酵素等、様々なものがあるのですが体内で主に使われる酵素としては、 食べたものを消化し吸収する役割を果たす消化酵素や体温調節や呼吸・心拍といった 生命維持の活動を補助する代謝酵素がよく知られています。
この事からも解かる通り、私たちの体は様々な酵素の働きによって食物が分解され化学変化を起こしで栄養となり、そして身体全体に吸収され健康な体を保てています。
それだけ体に必要なものである酵素ですが、体内で作られる酵素には限界があり、足りない酵素は食品から取り入れなければ、体調を崩してしまう事もあるのです。
しかし、酵素を意識した食物を多く食べるというのも大変です。
酵素を取り入れる手段としては、酵素を多く含む食物を食べるといった手段以外に効果的に酵素を取り入れるために意識した食品で酵素を効果的に取り入れる事も有効な手段でといえるでしょう。

この事からも判るのが、酵素は体の余分な食物を代謝される働きもあります。

つまり、余分なものを排泄させるのです。

この特性を使った酵素ダイエットが一派的に広まっていったのです。

酵素不足になると

では酵素不足になるとどういった事が体に起きるのか説明します。
まず知っておかなければいけないのは体内で作れる酵素の生産量には限界があります。
その酵素は体にとって栄養を吸収するために重要な役割を果たすものなのですが、我々現代人の食生活は油脂や加工食品が多い食生活です。
肉料理・ 揚げ物・ ファーストフード、または食品添加物など、栄養素は高いのですが非常に偏った成分の食事といえるでしょう。
そういった偏った成分の食事は大量に消化酵素を使ってしまいます。
消化酵素だけではなく代謝酵素までも使って消化します。
その消化酵素や代謝酵素が使われすぎることによって不足していくと次のような事が起きてきます。
偏った食事により、体内に摂取された食物は大量の消化酵素を使ってしまいます。
従来は代謝酵素が食物を分解していきますが、体内で生産される量に限界がある為、消化酵素を作りすぎて代謝酵素が足りなくなってしまいます。
過剰に摂取しすぎたアミノ酸や、消化しきれなかったタンパク質は、代謝酵素ではなく悪玉菌が分解しようとします。
悪玉菌の分解は、 腸内で発酵が起こり腐敗が起きてしまいます。
その腐敗が起きた結果、窒素残留物というものが出来ます。
この窒素残留物は発がん性物質であるニトロソアミンを生み出すともいわれています。
しかもその腐敗が起きたことにより、体に取り込まれた食品は酸化して毒素を作り出します。
更には有毒ガスの発生もします。
その有毒ガスは血液に取り込まれてしまい各細胞に送られてしまいます。
結果、体がだるい、疲れやすい、 太りやすくなる、便秘がち、下痢気味、冷え、むくみ、肌荒れ、くすみ、といった自覚症状を引き起こし、さらには大腸炎や肝臓障害なども引き起こす可能性があるのです。
この事からも言えるように酵素は人の体を維持する上で必要不可欠なもので、当然その酵素が体内からなくなれば人間は生きていく上で行われる 消化・吸収・代謝が正常におこなわれません。
酵素不足という時点で健康障害を引き起きるのは必然的に起こる症状なので結果、酵素不足がひどくなると人間は生きていくことができないのです。
この事からもいえるように、体に酵素を取り入れることは非常に大切な事ということが分かってもらえたでしょうか。

酵素の効果

体内には元々ある体内酵素というものがあります。
それは食事に含まれる栄養を体が吸収しやすいように分解する消化酵素と その消化によって吸収した栄養を エネルギーにして体を作ったり内臓機能をさせたりする代謝酵素です。
そして、酵素にはそれぞれの効果があります。
しかし、 約3000種類に及ぶ酵素にはそれぞれの効果しか望めないのです。
タンパク質を分解する酵素にはタンパク質を分解する効果しかありません。
でんぷんを分解する酵素にはそれしかできません。
それぞれの酵素が限られた役割しか果たせないのです。
数ある消化酵素のひとつをとってみても、様々な酵素が働いて大きな効果を体にもたらします。
では、代表的な消化酵素の効果を説明してみます。
でんぷんをブドウ糖に分解する酵素をアミラーゼといいます。
ちなみにブドウ糖には、 集中力を高めたり疲労を回復させたり、肝臓の代謝に役立つという効果もあり、お酒を飲む人が飲む前に摂取すれば二日酔いに効くという事で、ラムネも人気商品になりましたね。
また、塩分を摂取する際にブドウ糖を含む食品を一緒に摂取することで熱中症予防になるという効果もあります。
脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解する酵素はリパーゼ。
グリセロールには数値が高くなると動脈硬化の元凶ともされている中性脂肪の値を下げる効果が見込まれています。
タンパク質をアミノ酸に分解する酵素はペプチターゼ。
アミノ酸には、疲労回復や成長促進など様々な効果があります。
つまり消化酵素といっても、アミラーゼはブドウ糖を作り、リパーゼはグリセロールを作り、ぺプチターゼはアミノ酸を作るといった各酵素の働きがあって体に必要な栄養は作られていくのです。
では、一例挙げて酵素が食物を栄養に変えるまでの肯定を説明します。
体内ではタンパク質を摂取すれば、すぐにペプチターゼによってアミノ酸に分解され効果が引き出されるというわけではありません。
摂取したタンパク質がいきなりペプチターゼにたどり着くわけではないのです。
まず、食物によって摂取されたタンパク質が胃液にあるペプチンという消化酵素によってペプトンに分解されます。
ペプトンは十二指腸を通る時にすい液と混ざり、 すい液に含まれるトリプシンという消化酵素によってポリペプチドに分解されます。
さらに、ポリペプチドは小腸から分泌されるペプチダーゼという消化酵素によってアミノ酸に変わるのです。
この事からもわかるように、酵素はそれぞれの役割をそれぞれが果たし、そして最終的に体に対して有効な効果があるアミノ酸に変わっていくのです。
そのアミノ酸は更に体に吸収され、筋肉を強化させたり体力を増進させたり成長促進や安眠などへの効果をおこします。
しかしアミノ酸ひとつとっても必須アミノ酸とは9種類あり、むやみにアミノ酸だけを摂取すれば良いというものではありません。
かえって体に悪い影響も起こしてしまいます。
ですが余ったアミノ酸は、代謝酵素と呼ばれる酵素が体外に排出させてくれます。
ビタミンやミネラルにしてもそうですが、摂取した栄養を活発化させ消化・吸収・代謝を行うためには、適した効果がある酵素を十分に摂取する事が大切であり、酵素があるから栄養の効果を発揮させてくれるという事になるのです。

酵素のまとめ

体内で作られる酵素以外に、食べる事で体外から摂取する酵素を食物酵素といいます。
例えばブドウ糖を作るアミラーゼは、梅干しやレモンに含まれると言われています。
しかしより効果的に酵素を摂取したい場合、その食品を購入しそれを食するといってもそれだけでも大変な事なのです。
なぜなら酵素は熱に弱いという欠点を持っており、一般的に ほとんどの酵素が48度で死滅すると言われているからなのです。
という事は「食品で酵素の効果を発揮するために摂取しようとしても、加熱した食品ではその酵素がほとんど死滅している場合が多い」ということになってしまうのです。
そういった意味ではサプリメントなどを選んで不足した酵素を取り入れる事も酵素不足を解消し、体内でビタミン・ミネラル・アミノ酸・ブドウ糖といった栄養の効果を十分に発揮する為にも有効な手段のひとつといえるのではないでしょうか。
では、体内で作る量に限界があるとはいっても、なぜ体内にある酵素を補助するために「食物酵素」が重要となるのかというと、「体内にある酵素は一生涯に合成できる数には限りがあり、酵素を使い切ってしまうと寿命が尽きる」とすらいわれているからです。
(このことは酵素栄養学の提唱者エドワード・ハウエル博士が発言しています)
更に食物酵素の摂取が必要になる理由としては、 体内にある消化酵素は「すい臓」から分泌されるのですが、では人間のすい臓がどれほどの大きさであるかというと牛や羊と比べて2倍から2.8倍も大きいのです。
なぜ人間のすい臓が牛や馬に比べて2倍も大きいのかというと、それには理由があります。
牛や羊は複数の胃を持ちます。
最初に食物を通す胃では消化酵素は分泌されません。
この最初の胃で摂取された食物から消化酵素を引き出し、事前消化を行って更に次の胃で食物を分解させていくため、すい臓から作られる消化酵素は大量に要らないのです。
他の動物ではリスに頬袋がありますが、その頬袋も摂取した食物から食物酵素を分泌させ事前消化を行う場所といわれています。
つまり人間以外の動物には食物酵素によって事前消化を行う場所が備わっているのです。
しかし人間にはその事前消化を行う場所がありません。
そのために人間は、多くの消化酵素が必要となり、多くの酵素をすい臓から分泌させる為にすい臓は大きくなってしまったのです。
しかし現代人の食生活はすい臓から大量の消化酵素を分泌させ、すい臓をオーバーワークさせる食生活となってしまったために、体に大きな負担を与えています。
その負担の結果、 人間が体内で生産する消化酵素や代謝酵素は食物を分解し、栄養に化学変化させて 吸収し代謝するまでに至れず、様々な体の不具合や症状といった健康被害をもたらしているのです。
この事から考えても人間は効果的に体内から分泌される酵素を補助する食物酵素が含まれた食物を体に取り入れる必要があるといえるのです。
食物酵素を体に取り入れることによって、 現在の食生活で体内から分泌される消化酵素を減らし、体内から過剰に分泌されることが減った消化酵素は、従来分泌される代謝酵素に回っていきます。
その結果、体は代謝が良くなり体の修復を行なわれていきます。
体が修復されれば病気にかかりにくくなるなど様々な健康効果が生まれてきます。
どうでしょうか。
この工程から見ても、 体内にある酵素を補助する 食物酵素が重要であるということが分かっていただけたでしょうか。
では、どういった食物に食物酵素は含まれるのかと言うと新鮮な生の野菜や果実、穀物、刺身、 ヨーグルトやチーズといった発酵食品に多く含まれてると言われています。
和食で言えば魚にかける大根おろしや肉料理に付け足されている千切りキャベツといった具合です。
また和食で食物酵素を多く含む発酵食品といえば味噌や醤油、納豆ぬか漬け、梅干しなどが挙げられます。
しかし この発酵食品というのも現代においては必ずしも食物酵素が入っているものなのでしょうか?
例えば発酵食品である梅干しは従来、梅を漬け、その梅から梅酢を取り出し、さらにそこに紫蘇を加え、天然の赤色が梅につき、長期保存もできる梅干しが出来上がっていく、手間暇がかかる工程があります。
しかし現在の梅干しでは従来その漬けた梅から分泌されたわけではなく、あらかじめ用意された梅酢に梅を漬け合成着色料等で着色し、低いコストで大量生産している梅干しもあります。
また、酵素を多く含む生野菜にしても合成肥料が多く使われた生野菜はむしろ体に有害であり、生野菜や果物では新鮮でなものでなければ良質な食物酵素が摂取されるといえないのです。
更に現在の農業に関しては、 農薬を一切使わない有機栽培は現状的にかなり難しいものと考えられています。
一度農薬を使った生野菜を水洗いしても、その生野菜から農薬を完全に洗い取ることは非常に困難です。
なぜなら現在の農薬には 野菜を捕食してしまう害虫をつかせないために野菜の成分自体に堆積する農薬もあるといわれているからです。
もちろん農薬を一切使わない有機栽培された野菜もありますが、有機栽培された野菜は収穫量も少ないため高い値段となりますし、一部の市場にしかなく、購入するにも手間がかかります。
また食物酵素を取るために 生野菜だけ食べていれば良いというわけではありません。
生野菜には良質なビタミンやミネラルは多く含まれています。
しかしビタミン B やアミノ酸は含まれていないため、健康面でのバランスを考えれば酵素を取るために 生野菜だけ食べていても栄養が偏ってしまい栄養不足に陥ってしまうのです。
ならば他の加工食品で食物酵素を摂取しようとしても効率よく酵素を取り入れる事は困難だと思われます。
なぜなら基本的に酵素は非常に熱に弱いもので、48度以上の熱を加えると壊れて始め、60度に達すると完全に崩壊してしまうのです。
つまり加熱された食品で食物酵素を摂取することは不可能なのです。
しかし加工食品など多く摂りがちな 現代の食生活は中で、そういった食物酵素を含む食品を意識的に選んで食べていくのはそれなりにお金もかかりますし、手間もかかる事だと思われます。
また意識的にそういった食品を毎日食べられるのかというというと仕事が多忙で、そこまで出来ない方も現代社会では珍しくありません。
そういった事も考えると、 食事から意図的に酵素を摂取するためには知識も必要となる上、そういった食品の購入しなければいけないという事になります。
結果的に、現在では全ての人が食物酵素を効率よく摂取すること自体が難しいのではとも思われるのです。
しかしサプリメント等うまく併用すれば食物酵素を摂取する有効な手段のひとつとなり得ます。
栄養補助食品等は食物酵素の重要性を考慮して、酵素に着目したものも多く作られています。
ならば栄養素だけに着目するのではなく、その栄養補助食品に含まれる食物酵素を重要視することも大切です。

こういった栄養補助食品で摂取する酵素は「補酵素」とも呼ばれ、体を正常に保つ働きの補助をする酵素を従来ある食物酵素の含まれた食品と合わせ効果的に摂取出来る事も期待されているのです。