かちこみ ドラゴン・タイガー・ゲート というカンフー映画があります。

「イップマン」で有名なカンフースター「 ドニー・イェン 」主演のこの映画のあらすじやネタバレも含み、その評価や感想・口コミも交えて調べてみました!!

かちこみ ドラゴン・タイガー・ゲートのあらすじ(ネタバレあり) 

仲の良かった兄弟ドラゴンとタイガー。
二人は父親が作った龍虎門という道場で武術の修業に毎日励んでいました。
しかし、父親が母親と離婚することを決め仲の良かった二人は離れ離れに暮らしていきます。
その後ドラゴンがある日家に帰ると、家が火事になっていました。

母親を呼び続けましたが、いくら叫んでも家の中から出てくることはありません。

母を助けるために自分も家の中に飛び込むと走って行くと一人の男性に引き止められます。

その男性はその後、ドラゴンの父親になりました

母が亡くなり子供だったドラゴンは、金持ちの伯爵の家に引き取られタイガーとドラゴンはそれぞれ別の人生を歩んでいきます。

それから数年が経ち、タイガーは 龍虎門の仲間と街の中の中華料理店で会食をしています。

そこには黒服の男達が大勢いて、何かを警備しているようでした。

タイガーはあることに気づきます。

それは、少し離れた席で家族が誰かに脅されていたのでした。

それを見過ごすわけにはいかないと、タイガーはその家族の元へ向かいます。

しかし結果争いは大事となってしまい、黒服の男たちも駆けつけてきますが、武術の修行を積み重ねたタイガーにとっては黒服の男達は敵ではありませんでした。
その黒服の男達の中から一人の長髪の男が現れます。

一対一の戦いとなったタイガーはその男に圧倒されていきます。
そこへ、ボスと思われる男が現れ、ボスは黒服の男達に全員を攻撃を止めるように命令し、争いはとりあえず終わります。

その直後タイガーは 龍虎門の仲間達と食事会をやり直すことにします。

しかし食事会を楽しんでいると中華料理店で圧倒された長髪の男が再び現れました。
しかしその長髪の男こそ勝手タイガーが生き別れた兄弟のドラゴンであり やがて運命はタイガーとドラゴンを翻弄していくのです。

以下ネタバレとなりますが、 そのボスらしい男というのは 実は最終的な敵ではなく、さらにそのボスが宿敵とする「シブミ」という土偶のような仮面をかぶった男がいます。
その「シブミ」という男は、その後ボスを殺しタイガーとドラゴンの父 の道場「龍虎門」に殴り込みを掛け、父を殺害してしまうのです。
怒りにくるドラゴンは、やがて新しい力を手に入れ、一方タイガーは別の場所で修行を積み、二人で共闘して宿敵「シブミ」を倒すという話です。

かちこみ ドラゴン タイガー ゲートのキャストとスタッフ

監督ウィルソン・イップ
脚本黃子桓
原作黄玉郎
出演者ドニー・イェン
ニコラス・ツェー
ショーン・ユー
ドン・ジェ
音楽川井憲次
撮影高照林
張文宝
編集張嘉輝
製作会社東方電影
中国電影合作製片公司
北京保利博納電影発行
上海映画グループ
配給 東方電影
 ギャガ
公開 香港・2006年7月27日
 日本・2007年4月14日
上映時間94分
製作国 香港
 中国
言語広東語

かちこみ ドラゴン タイガー ゲートを無料で見る方法

映画「かちこみ ドラゴン タイガー ゲート」 を無料で見る方法としては、動画配信サイトはU-NEXT の 無料トライアル期間がおすすめです。



31日 U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。 間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かからないので、その 無料トライアル期間が31日 になる前に解約すれば、確実に映画「かちこみ ドラゴン タイガー ゲート」を無料で動画視聴できますよね。

かちこみ ドラゴン タイガー ゲートの評価・感想とまとめ

この映画の原作は、香港の漫画家「黄玉郎」の漫画作品「龍虎門」が 原作となっていますが。どちらかというとアメコミ作品に近いようなノリがある再現になっています。
完全なフル CG を多用したカンフー長編映画であるものの、 やはり主演を務めた「ドニー・イェン」の存在は大きく、また彼のアクションもファンを魅了するような目を引くものがあります。
ただ、感想や評価や口コミとしては「ラスボスの砦はどこにどのようにして作られているのか?」と言わんばかりの建物的に構造不明なカメラワークになっており、最後まで見てもその建物がどういう形なのか一致しない「訳のわからない映像」になっています。

「結局、タイガーとドラゴンがどこでシブミと戦ってたが最初の建物と最後の形が一致しないんだけど!」

というツッコミもあるぐらいです。

ただ娯楽作品としては単純なストーリーや所々のお約束は守られており

やはり国際的カンフースター「ドニー・イェン」が 長髪のイケメンをやっているというところがビジュアル的に目を引くところかもしれません・・・。

好きな人には好きな映画だと思われます!

実質あっけらかんと何も考えずカンフーアクションを楽しむのには 漫画的で面白い作品だと思います

日本語にすると恐ろしくタイトルの長い 「かちこみドラゴンタイガーゲート」

娯楽作品としておすすめです!