泣く事それには様々な効用と効果があるといわれ、「ストレスの発散になるともいわれています。そんな「泣く事」にどういったメリットまたはデメリットがあるものなのか調べてみました。

泣く事の効用と効果・そもそも泣くとはどういった時に起こる?

泣く事の効用と効果・「そもそも泣くとはどういった時に起こるのか」といえば、感情の高まりや衝動によって引き起こされますが大きく分ければ「それぞれも状況や事情」によって涙を出す「泣く」という事があります。それは何らかの哀しい事があった場合に涙を流すだけではなく、「うれし涙」であったり「くやし涙」あったり、状況や感情はちがいますが、そもそも「涙」を流すと涙を流す器官である『涙腺』は副交感神経のコントロール下にあるため、泣くことで副交感神経が活発化につながる「行為」であるそうで、泣くということは起きている状態でも、睡眠をたっぷりとったようなリラックス感が得られるのだそうです。

また、歳をとると涙もろくなるといいますが、これは歳をとり経験を積み重ねる事によって共感能力が上がり「涙もろく」なるともいわれています。

泣く事の効用と効果・ストレスの解消になる

泣く事といっても流れる涙には「うれし涙」や「感動の涙」、「悲しみの涙」、「悔し涙」などさまざまな場合がありますが、ポジティブな感情で流す涙が最も心身にはよい効用と効果をもたらすといわれており、その中でも「最もよい」「共感して泣く」というものだそうです。「科学的にも他人の経験に共感して泣くことは、とても良い」といわれており、この共感能力によって起こる「感動して泣く」という行為は「ストレスの発散に繋がり、心身をすっきりさせる効果が高いといわれ、ポジティブな感情で流す涙は、心身にとってデトックスツール的な役割りを果たすともいわれています。

泣く事の効用と効果・幾つかのメリット

「泣く・涙を流す」という事には、その効用と効果としても幾つかのメリットがあるといわれており、そのひとつは「ストレスの発散」です。実はこの事には「物質的な科学的根拠」もあり感情によって涙が流れた際に、脳から分泌されるホルモンの一種である「プロラクチン」や、副腎皮質刺激ホルモンである「ACTH」更に副腎皮質ホルモンの「コルチゾール」といった物質も流れ出るのだそうです。

この「プロラクチン」「ACTH」「コルチゾール」とはストレス物質といわれている物質で、何らかの理由で感情がたかぶって流れる涙には、ストレスの原因になる物質を排出する重要な役割があるのとの事なのです。

更に「泣く事によって涙を流す」というまた関連したメリットともいえる作用があるのですが、ストレスとは人間が危険や極度の緊張など追いやられると自律神経系の中にある、活動力を高める交感神経の動きが活発になり、鼓動が激しくなったり、血圧が上がったりするそうで、当然ストレスを溜めていくと「身体も疲労」してしまいます。

そのストレスなどによって活発になってしまった「交感神経」を落ちるかせるためには「睡眠」がよいとされているのですが、「泣く・涙を流す」という行為には「睡眠」同様に、起きている状態でも、睡眠をとったようなリラックス感が得られるそうなのです。

よく言うところの「泣いたらスッキリした」というのは「泣く事」によって交感神経が落ち着き、ストレスが和らいだからでもあり、「泣く」という事が「ストレスの緩和作用」をもたらしているといえるのだそうです。

しかしこの「泣く事によっておきるストレスの緩和作用」は全ての「泣く・涙を流す」事で得れるメリットではありません。

例えば何かに共感し感動して泣くポジティブな涙には、このストレスの緩和作用は有効的ですが、ライバルに負けた、競い合い負けた、自分がうまくいかなかったという感情などで流す「悔し涙」など、ネガティブな感情で流す涙には、自分自身のストレスが含まれており、このような「悔し涙」、かえって不快なストレスを思い出す切欠となってしまい、悲しみや怒りとして蓄積されてしまう可能性があるため、ストレスの緩和作用にはならなくなってしまうのだそうなのです。

泣く事の効用と効果のまとめ

泣くことの効用や効果について調べてみましたが、体のためにも、また「ストレスがたまって疲れている」「 心身ともに困憊している」 といった方もおられるのではないでしょうか。
泣く場というものはそうそう人に見せるものではありませんが、この連休の際「 感動的な映画やドラマを見てみる事」や「 自分の思い出の曲も聞いてみる」「 昔の写真を整理してまた見てみる」 「感動できる文章を読んでみる」「 SMS や 電話などで 仲の良い友人と会話してみる」 など 様々な泣く場を入れるのではないでしょうか。
泣くことは決して悪いことではありませんよ。

時として感動することも人間にとっては必要なのではないでしょうか。そして泣くことによって涙を流すことも必要なのではないでしょうか。

感動して泣くこと・・・時として、 お勧めします。