新型コロナウイルスの感染により、民間企業への影響は「ただならぬ」事態へなってきた現在、 コロナウイルス による「サービス業」や「生産業」などを中心に企業への影響を調べ示唆してみました。

(あくまで「新型コロナウイルス」による現地点での状況を伝え、「不安」などを助長して起こる「風評被害」を起さぬように配慮して書いており、憶測などでの医療に関しての誤報は避けるため、特化した一部的な内容を書いています)

コロナウイルス ・企業への影響

世界的に感染が拡大した「新型コロナウイルス」の影響は、「生産業」「サービス業」「旅客業」など様々な事業を営む「民間企業」の売上にも大きく影響し、生産ラインの一時的な「中止」「縮小」、また「業務の停止」に至っている事例があるようです。

それに伴い テレワークやオフピーク出勤、特別休暇制度の取得推奨 されていますが、現場サイドでは「従業員」の縮小、もしくは稼働時間の変更もなどの対策が決行されており、いち早い「新型コロナウイルスの終息」が望まれています。

コロナウイルス・企業への影響「生産業への影響」

日本では3月25日には東京都が外出自粛を要請するなど、「新型コロナ」感染拡大の影響は、市民生活だけでなく、企業活動にも深刻さを増している実状は、関東圏に本社、または拠点を置く「生産企業」はもちろん、「関東圏」を得意先として大きな売上を得る「地方の生産企業」にも大きな影響を与えています。

「生産業」の主な製造品として代表的な「食品」を扱う企業は「稼働率」を下げ、従業員をシフトを減らす、または増員のみおくり、最悪「契約最新」の停止といった事例も聞きますが、今回の事で「食品」に伴い、その食品をパッケージングする苞材の生産をする工場をを持つ企業にも影響が出ているようなのです。とある地方の鮮魚(鮮魚とは、冷凍等の加工処理がされていない生魚の事をいいます)を入れるために使う発砲スチロールの箱等を生産している企業での一例を挙げると、関東圏(特に東京)での 新型コロナウイルス感染を防ぐための外出自粛 が促され、漁獲高は豊漁なのに食卓に上る「魚」は鮮魚等の「生魚」が売れず、さらに料亭等に使う生魚の売上も低迷し「冷凍」されたものや加工されたものが売れるようになってしまい、その鮮魚を包装する「発砲スチロール」も使用量が激減してしまった事によって、自社の生産していた 「発砲スチロール」 の関東への出荷が停止し、結果的には地元で消費する 「発砲スチロール」 も「魚が売れない」ために漁業自体が低迷し、当然 「発砲スチロール」 を生産しているその地方企業も増員する予定を取りやめ、現状の従業員のみでの運営を余儀なくされたという案件がありました。

つまり、どういった分野の生産業も消費者がいなければ、成り立たず、特に地方企業では「大きな得意先」である関東圏が 外出自粛などで浪費をされなくなり、大きな低迷という影響を受けているようなのです。

コロナウイルス・企業への影響「サービス業への影響」

サービス業といえば「外食産業」を始めとして、リゾート業、観光業、旅客業、宿泊業など様々な業種を含むものとなりますが、やはり「人の集まるイベントなどの自主規制・中止・取りやめ」は様々な影響を与えています。

そういったイベントの中止によって影響された案件をあげると、イベント事でのステージや会場、テナントの設営会社で事ですが、3月から予定されていた 新型コロナウイルス 感染防止のための自粛によってイベント及び「お祭り」が中止となり、主軸の社員が集めたアルバイトのスタッフの雇用が出来なくなるという事態も聞きました。

サービス業への影響も主要している企業本体のみならず、様々な関連企業や下請け企業にも影響を与えています。

コロナウイルス・企業への影響 「派遣会社への影響」

新型コロナウイルス感染拡大による、生産業への影響・サービス業への影響はもちろん、そういった一時的な従業員、もしくは生産ラインの製造員、イベント事のスタッフやアルバイトを集める「派遣業」にも影響があり、特に今回の場合「突然として先行きが停滞した」という影響の早さが「雇用」事態を低迷させ、前年から比べると「半分以下の案件しかない」という派遣会社もあるようです。

コロナウイルス・企業への影響 のまとめ

ここで記載させていただいた内容については「誤報」を避けるため、あえて詳細など詳しい説明や、数字などを出すのを控えさせていただきましたが、 新型コロナウイルスは 尚も感染拡大を止めず、 様々な企業への業績低迷 という痛々しい悪影響を及ぼしているようです。
その反面、そういった事態への新しい需要も生まれているということも事実であり、全てが全て低迷しているというわけではありませんが、今回のことによる経済の低迷は当面の間、国内の経済にとっても痛々しい傷跡となることは間違いないようです。
しかし、このような事態においても、企業からの雇用は止まっているわけではないのです。
一早い新型コロナウイルスの終息を願いますが、皆さんも 周りの 風評的な誤報には惑わされることなく、なるべく落ち着いて正確な情報を認識し、自分自身が正しい情報を得てそれを人に発言し、誤報の元とならないことが重要なことと思われます。

早い新型コロナウイルス終息を心より願い、企業への影響といった今回の記事を書かさせていただきました。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます 。