日常で暮らす私たちの周りには、様々な「お祝い事」に携わる機会が多々あります。案外わからないのが「御祝い金額」の相場だったりします。

いざというとき困らないためにも、出産・入学・結婚など 「御祝い金額」の相場 から祝儀袋の書き方まで調べてみました!

お祝い金額・ご祝儀を渡す、御祝い事の種類と金額の相場(5千円が一般的)

一般的には、家族や近い身内や親族、または深い付き合いや長い付き合い出ない場合「5千円」という金額が相場といえますが、お祝い 金額・ご祝儀を渡す、お祝い事の種類と金額の相場を表にしてみると以下の通りです。

出産一般的には 5千円~1万円 程度
七五三一般的には 3千円~1万円 程度
入学・卒業一般的には 5千円から
成人一般的には 5千円~3万円 程度
就職一般的には 5千円~1万円 程度
結婚一般的には 3千円~1万円 程度
新築一般的には 5千円~3万円 程度
引越し一般的には 3千円~1万円 程度
還暦一般的には 5千円~1万円 程度
快気一般的には 3千円~5千円 程度

あくまで一般的な「目処」です。送る方にとって、送られる方の関わりや親族なのかで相場は違ってくる事をお忘れなく!

お祝い金額・七五三では?その詳細

七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う年中行事のことですが、お祝いの金額一般的に3000円~10000円程度です。
また、お祝いの品を贈る場合には遅くても10月中旬くらいまでに届くようにしましょう。
備考・七五三(しちごさん)とは、男の子は5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、成長を祝い、神社・寺などに詣でる年中行事です。本来は数え年なんですが、、現在では満年齢で行われる場合が多いようです。

お祝い金額・出産では? その詳細 偶数と奇数で避ける「数字」があります!注意してください!

一般的には5000円~1万円の現金もしくはプレゼントを贈ります。
・孫では10,000~20,000円・親戚では10,000~20,000円・知人では3,000~5,000円
・兄弟では10,000~20,000円・後輩や部下では3,000~5,000円・先輩や上司では5,000~10,000円
・先輩や上司の子息 5,000~10,000円
祝い(祝儀)を渡す頃合は、出産は生まれるまで何がおこるかわかりませんから(流産など)、生まれてからもすぐ送るのではなく、出産1週間後~1ヶ月の間に送ります。または、出産は出産した後で落ち着いた頃を見計らって渡すのも良いです。
現金を送る際の注意事項は偶数の4と奇数の9という数字避けてください。何故なら”死や苦しみ”を連想させため金額になってしまうため例えると、4,000円、9,000円など等の金額は送らないようにしましょう。
ご祝儀として現金を送るので、折り目のない新札を使用してください。


備考・お葬式などの不祝儀の場合はこの逆で、新札は使わないのが常識です。

お祝い金額・結婚式では? その詳細

普通は3000円から10000円程度が一般的です。結婚式を欠席する場合も同様です。
身内の方の場合は3万円が相場ので、夫婦での場合単純に3万×2で6万円になります。
ですが、偶数は割り切れる=別れる、として良い数字ではないとされています。
結婚式など慶事には使えない数字なので、この夫婦での場合は一般的には5万円をご祝儀として包む場合が多いようです。
もしくは、5万円ではすこし少ないと思われる場合は、プラス1万円分の品物を贈るとよいですよ。

お祝い金額・成人式では? その詳細

金額は5000円~30000円くらいです。
余談・韓国では日本と同じような成人式がありますが、その他の国では日本のように成人年齢(国によるが、18歳や20歳、21歳など)に達した事を全国一斉に祝うようなイベントを行う国はほとんどないといいます。

お祝い金額・入学式では? その詳細

入学式での御祝い金額は小学校から中学校と高校から大学入学で金額の相場に差があります。

  • 小学校~中学校:3,000円~5,000円
  • 高校・大学:10,000円~30,000円

お祝い金額・新築祝いでは? 

新築祝いの相場は友人、知人ならば5000円から1万円、身内ならば1万円から3万円が相場です。
紅白の蝶結びの水引きで、「祝御新築」「祝御完成」または「御祝」と書いた祝儀袋にいれて渡してください。また、新築祝いのお祝いの品の場合は、先に贈ってしまうと、先方に気を使わせてしまう事があるので、新築・新居祝いに招待されたときに持参すると良いです。何を贈るか決まらない場合は、当日に花やお菓子などを持参し、希望を聞いて後日贈るという方法が良いでしょう。

ご祝儀の常識

祝儀の相場の違い

ご祝儀の金額の相場は各土地やなどの風習でも違いがあり、例を挙げると、若い方々よりも、年齢が高い方々の方が当然ながら、収入は多いわけですから、ご祝儀の金額も自然と 高くなる傾向があります。
また、会社においても、部長・専務等の役職の方々と、新入社員の方々では、収入以前の問題で、上下関係の立場もあり、ご祝儀の金額の相場の差は歴然といえます。
地域ごとにおいても、多少の差があり、北海道はご祝儀の金額が少し低く、中部地方はご祝儀の相場が若干高いと言われています。

お祝い金額・書き方について

ご祝儀袋に名目などを記載する際ボールペンで書くのはやめてください。

筆記用具としては筆ペンを選んでください。

書き方としては表書きは 名目と送り主の名前を記載してください。
名目としては「寿」「御祝」 と書くのが一般的です。
あと、送り主は自分のフルネームを記載してください。

ご祝儀の常識 と お祝い金額のまとめ

慶事(喜ばしい時)などの祝意やその互助活動の手間に対する謝意を表すために贈る金品のこと言いますが、弔事などのお見舞いやその互助活動の手間に対する謝意をご祝儀として送る場合は不祝儀と言い病気見舞い・火事見舞い・災害見舞い・葬儀 などの席での事となります。
また、法事や回忌 の際、お寺や僧侶の方へ贈る場合もこの不祝儀があてはまります。

様々な時に、案外わからないお祝い事の金額やその注意点を説明してきましたが、紐解いていくと「その時々での違い」があることがわかります。

とは言えど「祝い事」を祝福する気持ちは快いものですよね。是非そういったお祝いの参考にして頂ければ幸いです。