コラーゲンとは私たちの体にとってどんな働きをして、どういった効果をもたらしてくれるのでしょうか?
そんな「コラーゲン」の効果や働きについて、コラーゲンペプチドとや、食材、ドリンクや粉末タイプのものやランキングも踏まえて、わかりやすく説明していこうと思います。

コラーゲンとは?

コラーゲンとは、骨と軟骨を丈夫にし、ハリと潤いのある美肌に保つ効果・効能があるコラーゲンを錠剤やカプセルといった形にして、飲みやすくした健康食品のひとつです。
特にコラーゲンは、食物から摂取した時に体に吸収されにくい栄養素であり、
普段の食事から吸収しにくい栄養素ですが、人間の皮膚を作る成分としてはコラーゲンが全体の約70%を占めており、また関節や骨や爪など体の各部分を構成する重要な栄養素でもあります。

コラーゲンが体に与える影響と効果

コラーゲンは、体内に取り入れられたタンパク質から合成されたアミノ酸である、グリシン、プロリンおよびヒドロキシプロリンを主成分にして体内で合成されるタンパク質です。
人の体においては、爪や髪、皮膚や骨、軟骨、腱などの結合組織の主成分として存在していますが、その効果や働きとしては、細胞と細胞を結びつけ、しなやかで丈夫な骨をつくり、関節の働きをスムーズにする他、効果肌のハリと弾力爪や髪の健康を保ち、老眼防止といったものがあります。
現在、脊椎動物には30種類のコラーゲンがある事が分かっており、人の体内にあるコラーゲンは、28種類である事がわかっています。
それぞれのコラーゲンが体内で重要な役割を果たしている事は推察されていますが、28種類すべてのコラーゲンの役割は、現在ではまだ解明されていません。
また、各コラーゲンはⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型・・・と記号的な名称で呼ばれており、体内で合成できるものと、体内で合成できないコラーゲンがあります。
体内で合成できる各型の主なコラーゲンとしては、まずⅠ型コラーゲンというものがあります。

Ⅰ型コラーゲンは、繊維性コラーゲンであり人間だけではなく、脊椎動物の体内に最も多く存在するコラーゲンです。
主に骨や皮膚を形成して、骨に弾力性を持たせる働きがあり、また肌は大別すると「角層」「表皮層」「真皮層」「皮下組織」の4層に分かれており、Ⅰ型コラーゲンは真皮に大量に存在し、皮膚の強さを生み出す働きを持っています。

次にⅡ型コラーゲンですが、Ⅱ型コラーゲンも繊維性コラーゲンであり、関節軟骨に多く含まれる他、目の角膜にも含まれており、眼球の硝子体液の主成分となっています。

次にⅢ型コラーゲンですが、Ⅲ型コラーゲンは繊維性コラーゲンであり、臓器に主に含まれているコラーゲンです。
細い繊維で組織に柔軟性を与える働きがあり、真皮や大動脈に多く存在しています。
また、Ⅲ型コラーゲンはⅠ型コラーゲンの存在する組織に共存する場合が多く、 細胞などの土台を作っているコラーゲンとも言われています。

次は、Ⅳ型コラーゲンですが、Ⅳ型コラーゲンは非繊維性コラーゲンであり、 皮膚と表皮のを繋ぎ止める働きを持った、基底膜に存在するコラーゲンで、Ⅳ型コラーゲンは基底膜において骨格構造を支えるという役割があります。

次は、Ⅴ型コラーゲンです。
Ⅴ型コラーゲンは、線維性コラーゲンであり、血管や平滑筋、胎盤に主に含まれているコラーゲンで、Ⅰ型、Ⅲ型コラーゲンが含まれている組織にわずかな量が含まれています。
(体内で合成できないコラーゲンとしては、ゼラチン、コラーゲンペプチド、トリペプチドコラーゲン、アミノ酸混合物といった、原料や分子構造の異なった4種類のコラーゲンがあります。)
このように私たちの体を健康に維持するために様々な働きを行うコラーゲンですが、一度体内に入ればそのまま維持できるという栄養素ではありません。

その理由のひとつとしては、皮膚は、紫外線を受けると多くの分解酵素をつくり出します。

その分解酵素は、コラーゲンも分解するので、皮膚(真皮層)に多く存在するコラーゲンも紫外線を受けて増加した分解酵素によって分解されます。

一時的に浴びた紫外線であれば、従来皮膚が持っている修復免疫によって元に戻りますが、長期に渡って長い時間浴びる紫外線については、分解酵素が日々コラーゲンを分解してコラーゲンの働きを悪くしていきます。

特に常時露出される顔の皮膚は、日常的に紫外線を浴びているため、皮膚中にあるコラーゲンは常にダメージを受けている状態となりコラーゲンの状態は悪化していきます。

それだけではなく、コラーゲンは年齢を重ねるごとに体内で合成される量が減っていきます。

おおよそですが、25歳頃までは体内で多くのコラーゲンが生成され、合成量のピーク時を迎えます。

しかし、40歳になる頃には、25歳頃をコラーゲン生成のピークとすると、そのピーク時の1/2の生成量になり、60歳を迎えるとピーク時の1/3の量のコラーゲンしか体内で生成することができなくなってしまうといわれています。

そうした紫外線や年齢を重ねる事で、コラーゲンの合成量が不足していくと、 肌がかさついたり、シワやシミがふえる、また肌のたるんでくる、体がだるくなるといった症状が体に現れてきます。

その他のコラーゲン不足による影響では、髪の毛が傷みやすくなったり、爪が割れやすくなったり、関節痛が起こったり、関節を構成する骨の間にある軟骨が劣化により、関節に痛みや腫れが起こり、最終的には関節が変形してしまう変形性関節症の原因となってしまうといった悪影響が体に現れてきます。

さらに、コラーゲン不足は眼球の硝子体液の主成分でもあるコラーゲンが不足により、目が霞んできたり、血管の弾力性を保つ働きがコラーゲンにはあるために、血管を修復する機能が衰える他、骨粗鬆症が発生してしまうのもコラーゲン不足がその原因に関係しているとの報告もあります。

この事からもわかるのは、コラーゲンが不足した場合、皮膚や関節だけでなく、体全体にさまざまな悪影響を及ぼすため、コラーゲンは日頃から意識的に摂取しなければいけない重要なタンパク質の一つであるという事です。

コラーゲンはどのように体に吸収されるのか

コラーゲン主成分は、グリシン、プロリンおよびヒドロキシプロリンといったアミノ酸からつくられています。
(アミノ酸とはタンパク質を合成する主成分であり、アミノ酸はタンパク質の原材料ともいえる栄養素です。)

コラーゲンについていえるのは、特に人間の体を構築するのに重要な栄養素であり、私たち人間は体重比でみると、約60%の水分と、約15%の脂肪、約5%のカルシウムや糖質といった様々な無機質でつくられ、残りの約20%はタンパク質で、人間の体はつくられています。
コラーゲンは、その約20%あるタンパク質全体の中で約30%という多い割合を占めている栄養素です。

では、食材からコラーゲンがどのようにして体内に吸収されていくのかというと、私たちは普段「食べる」事によって体内に栄養を取り入れます。

つまり食材を体内に取り入れるという事は、一度取り入れた他の栄養素を私たちの体に適した栄養素に作り変える必要があるといえます。

私たちは、様々な食品や食材から、タンパク質などの栄養素を食べる事によって体内に取り入れ、そのタンパク質を消化してから分解し、私たちのDNAを元に(DNAは取り入れた食材を、作り変える際に設計図の役割りを果たします)体にとって必要な栄養素に作り変えてから体内に吸収していきます。

わかり易くいえば、牛肉を食べたとします。

牛肉に含まれるタンパク質は人間のタンパク質とは違うので、人間に適したタンパク質に作り変えないと吸収されても適合しません。

ですので、その牛肉のタンパク質をDNAという設計図を元に造り替えなければいけないというわけです。

それを肯定的び説明すると、大まかに言えば以下のような肯定になります。

・食材を食べる。

・体内にある消化酵素などによって分解される。

・分解された後、体に必要な栄養素に再構築される。(合成される)

・再構築された栄養素は血管を通り、体の隅々まで行き渡り吸収される。

・吸収された栄養素は、浪費され、体内にある代謝酵素などによって代謝され、新しいものに入れ替わって行く。

こういった肯定を、私たち人間は生きている限り繰り返しているのです。

では、取り入れられ、再構築されて合成されたコラーゲンは、体のどういった部分に行き渡っていくのかというと以下のような部位に行き渡ります。

割合で説明すると大半のコラーゲンは(約40%)皮膚層に行きます。

そして約10%から20%が、骨や、または軟骨に行き渡ります。

ちなみに人の骨は、どういった割合の栄養素で作られているのかというと、約70%カルシウムなどの無機質であり、そして約10%は水分で、残りの20%は有機質で作られているのですが、その有機質の成分を見てみると、90%がコラーゲンで合成されています。

そして残りのコラーゲンは、血管や内臓に行き渡り、私たちの体が正常に機能するように吸収されているのです。

つまりコラーゲンは私たちの体を作る基盤の役割を果たしているのですが、私たちはコラーゲンを多く含む食材を食べたからといっても、直接コラーゲンが体内に吸収されるのではなく、食べたタンパク質や炭水化物や糖質やブドウ糖は、一度分解され、化学反応を起こし、再構築されてから様々な栄養素として血管から体の隅々に行き渡るという「肯定」があるという事です。

コラーゲン摂取量の目安と食材

さまざまな働きをして、私たちの体を健康に維持するコラーゲンですが、コラーゲンの一日の必要量は、大人で骨や関節には1日に10g(10000mg)摂取と、肌には1日5g(5000mg)摂取が必要であるといわれています。

それに対し、現代の日本人の平均的なコラーゲンの摂取量は約1.9gであり、完全にコラーゲンの摂取量が不足しているという事がわかっています。

では、私たちが食材を食べる事でコラーゲンを摂取しようとした場合、コラーゲンを多く含む食材としてはどのような食材があるのか説明すると、すっぽん、フカヒレ、うなぎ、クラゲ、豚足、鳥の皮、手羽先、軟骨、ゼリー、杏仁豆腐、また鮭やサンマなどの魚類の皮といった食材にコラーゲンは多く含まれており、特に養殖された魚ではなく、天然物の魚の皮(天然海洋性魚皮)には、養殖魚より、多くのコラーゲンを多く含まれています。

これを普段食べる食材で数値であらわすと以下の数値になります。

フカヒレだと、100mg中に含まれるコラーゲンは 9.92mg。

うなぎの蒲焼だと、100mg中に含まれるコラーゲンは 5.53mg。

牛すじでは、100mg中に含まれるコラーゲンは 4.98mg。

皮付きの鮭では、100mg中に含まれるコラーゲンは 2.41mg。

皮がついている開きのサンマでは、100mg中に含まれるコラーゲンは 2.23mg。

しかし普段食べる食事では、必要量のコラーゲンを摂取する事は困難なものと思われます。

なぜなら、1日に約15gの必要量があるとされるコラーゲンは、紫外線によって従来の機能性悪くなります。

しかも、新陳代謝によってコラーゲンが入れ替わるには、相当な時間が費やされ、代謝しにくい栄養素でもあるのです。

では、新鮮なコラーゲンを食事で摂取しようとした場合、いくら含まれている量が多いと言われる食材であるフカヒレでも、うなぎの蒲焼でも、毎日食べるという事は、ほぼ不可能ではないでしょうか?

それにはもちろんコスト的な問題もあります。

コラーゲンを多く含む食材では高価格な食材である「フカヒレ」がありますが、フカヒレやうなぎの蒲焼やすっぽんを頻度高く食べるという事自体が、かなり偏った食事になりますし、コスト面でも一般的ではありません。

また、天然物の魚にしても、養殖された魚より、天然物の魚は高価格となります。

それに先ずいえるのが、それだけコラーゲンを取るために、コラーゲンが多く含まれる食材ばかり食べていたとしても、比較的にみて鶏肉や豚肉の皮や、うなぎといった高カロリーな食材に多く含まれるコラーゲンは、その食材に含まれる他の脂質など、体内で燃焼仕切れないカロリーを過剰に取ってしまう結果となり、かえって体に悪影響を及ぼしかねません。

また、食材で取り入れたタンパク質が全てコラーゲンになるというわけではないので、含まれるであろうといわれる量を上回る食材を食べなければいけないという事になります。

結果、食材でコラーゲンを大量に摂取しようとすれば、そのため太ってしまったり、ニキビや吹き出ものなどのトラブルを起こす原因となってしまう事が考えられるでしょう。

また、魚離れが進み、高カロリーでインスタント化された現代人の食生活では、食材だけで必要量のコラーゲンを摂取するためには、かなりの意識した食事が必要となりますし、メタボリックや生活習慣病などで、食事を制限していたり、ダイエット中の方には、コラーゲンが多く含まれる「脂質の多い食事」というのは、場合によっては食事の制限上取れないのものです。

では、「コラーゲンは、体に良いからサプリメントとか、健康食品をたくさん摂取すればいい」というわけでもありません。

コラーゲンを過剰に摂取すると、余剰なコラーゲンは排尿時などに体外へ排出されるのですが、過剰分を遥か上回っている場合は、腎臓に負担が掛かり身体への異常が現れます。

だからこそ、摂取量が記載されており、自己管理のしやすいサプリメントなどを利用してコラーゲンを摂取する事は、食材と比べると低コストで良質なコラーゲンを、自分がどれだけ摂取したのか自覚して自己管理できる事に加え、必要量のコラーゲンを摂取しやすい方法と思われます。

そうした現状から考えれば、普段の食事で必要量を摂取する事が難しく、過剰摂取すれば、身体に害を及ぼすコラーゲンを補う食品として、コラーゲンサプリメントを服用する事は、体全体の健康バランスを整える意味としても、非常に有効な手段といえるのではないでしょうか。

コラーゲンペプチドの効果

コラーゲンは、非常に体に吸収されにくいタンパク質です。

というのも、天然コラーゲンはアミノ酸を主成分にし、アミノ酸1000個がつらなった大きな三重らせん分子で構成されており、体内で合成されるコラーゲンも、その状態で構成されています。

しかも、コラーゲンは従来非常に硬いタンパク質であり、皮の靴やベルトが硬いのはコラーゲンによる効果が働いている為で、その性質もあって食材から摂取したコラーゲンも、体内で合成されたコラーゲンも体に吸収されにくいのです。

その三重らせん状のコラーゲンを加熱する事によりほどけた状態にしたのがゼラチンです。

ゼラチンは食材でいえば、煮こごりやすじ肉の煮込みなどに含まれいるコラーゲンから作られた成分ですが、煮こごりやすじ肉の煮込みなどの調理された食材が、そのどちらも柔らか食感の食材となるのは、煮る事によってコラーゲンが加熱されゼラチンに変性し、三重らせんの状態からほどけた状態になるため、硬いコラーゲンが柔らかくなった現象のです。

もちろん、従来のコラーゲンよりゼラチンの方が、身体に吸収されやすいのですが、よく市販されているゼラチンゼリーを食べても、十分に体に吸収されやすいコラーゲンを摂取しているとはいえません。

何故かというと、スーパーやコンビニで市販されているゼラチンゼリーは、ほとんどの場合が海草などのゲル化剤(食物繊維の一種)である増粘多糖類を使用してゼラチンゼリーはゼリー状に固めてあるためです。
(ゼラチンゼリーもコラーゲンの吸収はできていますが、比較的にみるとコラーゲンが含まれる量はすくないという事です)

ですが、ゼラチンより吸収率の優れたコラーゲンがあります。

それが、コラーゲンペプチドなのです。

コラーゲンペプチドは、コラーゲンを加熱してゼラチンに変化させ、三重らせんの状態からほどけた状態したものを、酵素により細かく切った状態にしたものなのです。

先ほど、コラーゲンはアミノ酸1000個がつらなった大きな三重らせんの状態と説明しましたが、コラーゲンペプチドはアミノ酸1000個がつらなった大きな三重らせんを100個から2個の状態に切ったような状態になったものです。

ゼラチンも体の吸収率は良いのですが、さらに良いのがコラーゲンペプチドであり、ゼラチンとコラーゲンペプチドを食べた人の吸収実験が行われた際に、ゼラチンの方が吸収量の個人差もありましたが、全体的には吸収率のバラつきがあり、コラーゲンペプチドの方が吸収率が安定していたという結果が出ています。

つまり、ゼラチンよりもコラーゲンペプチドの方が吸収効率が安定していたという事です。

しかも、コラーゲン、ゼラチン、コラーゲンペプチドといった3種類のタンパク質は、分子の大きさが違うだけであり、主成分である全体の1/3をグリシンが占め、プロリン、アラニン、コラーゲン、ヒドロキシプロリンといったアミノ酸の組成は全く同じなので、3種類すべてに同様の効果と働きがあります。

また、コラーゲンペプチドは低分子であるため、水に溶けやすく、通常のコラーゲンよりも消化吸収面からも有利であるため、浸透性の高さから化粧品などにも使用されますが、「コラーゲン配合」と書いてある健康食品のほとんどは、コラーゲンペプチド使用されており、コラーゲンサプリメントはじめとする「コラーゲン配合」と記載された食品には、殆んどの場合コラーゲンペプチド使用されています。

また、わずかながらコラーゲンペプチドは体内でも生成されますが、コラーゲンペプチドはアミノ酸が2~3個つながった状態で吸収され、線維芽細胞を刺激して様々な生理活性を促すことが実験でもわかっており、さらにコラーゲンペプチドの摂取によって、皮膚のコラーゲン量の増加したというデータもあります。

この事からわかるのは、個人差はありますがコラーゲンを摂取しても効果がないという意見は、元々コラーゲンが三重らせんの状態で構成されている為に吸収されにくいタンパク質である事が原因とも考えられ、三重らせんの状態から細かく切断された状態に構成された事により吸収効率が上がったコラーゲンペプチドを摂取した場合は、コラーゲンが持つ効果や効力が現れやすい状態になっているといえます。

つまり、効率よく効果的なコラーゲンを摂取する手段として、コラーゲンペプチドを配合されたコラーゲンサプリメントは、食材を食べてコラーゲンを摂取する事に補助的にでも摂取すれば、身体にコラーゲンの吸収率を向上させ、効果の現れやすい有効的な手段のひとつと言えるのではないでしょうか。

コラーゲンのまとめ

コラーゲンのまとめとして最後にコラーゲンとは密接な関係のあるビタミンCについて説明していきます。

コラーゲンの合成にはビタミンCが必要不可欠と言われますが、ビタミンCとは、免疫力を高め、体に有害なウイルスを破壊する働きの人間の体にとって生命維持という事でも重要な栄養素ですが、ビタミンCも皮膚の健康状態を保つためには重要な栄養素であり、ビタミンCが不足気味になると、感染症にかかりやすくなる他、肌のハリがなくなるといった症状が現れます。

それは、ビタミンCに紫外線によって誘導される皮脂の酸化を抑える働きがあるからなのです。

ビタミンCには抗酸化作用があり、 その抗酸化作用がコラーゲンと同様に皮膚を守る作用となるからです。

また、ビタミンCにはコラーゲンそのものを生み出す繊維芽細胞を増やす働きもあり、繊維芽細胞は保湿に関わるヒアルロン酸も生成する細胞なのです。

そのためビタミンCが必要量身体にあるという事は、良質なコラーゲンが生み出されるやすい状態が生まれるという事にもつながります。

さらにビタミンCはコラーゲンを人間の体に定着化させる為に働きかける作用を促すので、コラーゲンと同時配合されたサプリメントが数多く生み出されているのです。

ちなみに主なビタミンCの特徴と効果・効能・働きは以下の通りです。

・ビタミンC(アスコルビン酸)

ビタミンCは皆さんもよく耳にするビタミンと思われますが、皮膚や血管などの形成を助けるコラーゲンの生成に役立ビタミンで、免疫力を高め、体に有害なウイルスを破壊する働きもある重要な栄養素です。

また、体に必要なエネルギーをつくる時に関わるカルニチンの生成にも役立っているビタミンです。

1日に摂取される推奨量としては約100mgで、ビタミンCを含む食材としては、パイナップル・レモン等をはじめとする柑橘類・イチゴ・キウイ・ブロッコリー・ピーマンに多く含まれています。

ビタミンCの効果や効能・働きとしては、免疫力を高め、風邪や貧血を予防する他、皮膚や血管、骨を丈夫に保ち、しみやそばかすの解消にも役立ちます。

注意点としては、ビタミンCが不足気味になると、感染症にかかりやすくなったり、肌の張りがなくなったり、歯茎から出血しやすくなるといった事が起こりやすくなります。