クランプメーターとは電流測定器のひとつです。

その原理・用途・販売メーカー・メリット・種類・価格と解り易く説明し、電気テスターとの違いまでクランプメーター記載しました。

日曜大工好きなお父さんや

電気製品に興味をを持つお子さんなど

是非呼んでみてください!

クランプメーターとは

クランプメーターとは、電流測定器のひとつであり

電気テスターなどとは異なり電流を起こさなくても、計測する事ができる装置です。

原理も難しいものではなく、各メーカーから用途に合わせたものが、それほど高くない価格で、販売製造されています。

クランプメーター(Clamp meter)は回路に流れている電流の量を測定する装置である電流計のひとつのことであり

日本語では、架線電流計(かせんでんりゅうけい)と呼ばれています。

この通常の電圧を計測する電気テスターがあります。

電気テスターは、電気で動く装置に電気が流れているか調べたりする装置でこれも電流計のひとつです。

使用例の一つをあげると、例えば、機械もしくは装置に、動かなくなった等のトラブルが発生した場合、その装置の中に組み込まれている回路に異常な電流が流れていないか電圧を測ったり、電流自体が止まってはいないのか調べる必要がある場合などに、電気テスターを使用します。

この電気テスターだと、電圧を計測するためにその装置、もしくは機械の回路に端子を接触させたり接続したりしないといけないため、場合によっては、いったんスイッチを切らないといけなかったり、回路自体を変更しなくてはいけなかったりします。

しかしその電気テスターと比べるとクランプメーターの場合は、回路を構成する電線の一部を測定部で挟み込むようにすることで回路に接触することなく電流の量を測ることができる測定機器なのです。

クランプメーターの用途、使い方

クランプメーターの用途、使い方を説明するとクランプメーターは、電線の周りの磁場を測定することで間接的に電流量を測定するテスターですので、性質上、あまり少ない電流は測ることが難しくなります。

もちろん、クランプメーターには測定できる電流の量に応じてさまざまなサイズのものがありますが、それでも限界があります。

そんなときにはクランプメーターで測定できる電流をさらに細かくする治具を使います。

治具といっても、そんなに難しいものではありません。

回路の中に簡単なコイルを挟み込むことにより、そのコイルをクランプすることで測定量を倍加させるものです。コイルを10回巻けば、測定量を10倍にできますので、通常よりも10倍の精度で測定できるということになります。またクランプメーター以外の電流計は意外と様々なメーカーから利用目的に応じたものが販売されていますので、用途にあったものも(企画)購入しやすくなっています。

更にクランプメーターの特徴的な利点(メリット)としては、通常の電流計の場合、計測する部分に減電圧をかけるために(電気を流す為に)回路を切断したり変更したりすることなく、電流の測定を行うことが可能となったということであり、通常のテスターのように、逆接続して壊れる可能性もなくなっています。

例えば自動車のバッテリーなどのように充電状態のときと放電状態のときで電流の流れが逆転するような回路の場合、どちら向きに電流が流れているか不明な場合がありますが、クランプメーターは逆向きに電流が流れているときはマイナスで表示されるので危険なく利用することが可能なのです。

クランプメーターの原理・漏電しているか確かめれる

クランプメーターの特徴としては、直接回路に接触することがないので、大電流が流れるような回路の電流測定も安全に行うことができますし、電流の量が不定という場合にも利用ができます。

クランプメーターの原理は意外と簡単なものであり、電線に電流を流すと、その周りに磁場ができます。

ちなみにその原理を単刀直入につかったのが解体工場などに使われている電磁石です。

クランプメーターの場合は、測定部分に発生する磁場を測定することにより逆に電流を測定するというのがクランプメーターです。

この仕組みを利用することで、通常の電線を流れる電流を測ることができますし、リーク電流(漏れ電流)を測定することもできます。

家庭内の電気で言えば、漏電している恐れがないかという事も調べる事が出来ます。

また、既存のテスターと違い、接続により壊れたりすることはありませんので測定するものが測定したことによって、(電流を測定時に流したりすることによって)壊れる可能性がなくなっているのです。

クランプメーターの価格

クランプメーターを製造販売している、主なメーカーとしては、●共立電気計器 ●日置電機 ●マルチ計測器 ●エー・アンド・デイ ●横河電気 等があげられ、ホームセンターやウェブショップなどでも、簡単に購入することができます。その種類も、交流専用、交流直流両用 、漏れ電流計、一体型 、分離型 、デジタル表示 、指針表示 と様々な形式のクランプメーターが存在し、用途に応じた機種が販売されています。

価格では2千円からのクランプメーターありますが、機能や計る電圧の幅、企画、精度、用途にもよっても変わり、高いものだと3万円強位です。

まとめ

クランプメーターについて説明しましたが、業務的な用途ばかりではなく家庭内の電気の漏電がないかどうかも調べれます。

ホームセンターなどで、日曜大工好きなお父さんや、電気製品に興味をを持つお子さんなど、クランプメーターを手にとってみてはいかがでしょうか。