猫よけの方法について、悩む方もおられると思われます。

その対処法や、まちがった知識、自動車などの対策やハーブの種類、ペットボトル、超音波ガーデンバリア、市販されている薬がどうなのか?猫よけのついて色々と調べてみました

猫よけの週類

猫よけの方法には思い悩む方も少なくはないと思います。意外な事に大抵の対処法は間違えており、「自動車に傷をつけられたから」といってこうじた方法も効果がないものが多くあります。ペットボトルなどもその一例です。あと猫よけグッズといえば、超音波ガーデンバリアや薬などが販売されており、ハーブでも有効なものがあるといわれています。

猫よけのペットボトル

猫よけとは、名前の通り野良猫などを撃退するため仕掛けるのグッズやその他もろもろの事を言うわけですが

様々なグッズがある中でペットボトルが一時期有効なのではないかといわれていました。

「猫はキラキラするものを嫌う習性があるので、その効果をねらう」

といった理由からペットボトルが猫よけとしては効くものだと思われていたのです。

しかし、これは根拠のない話であり

実際は実験結果によっても実証されていますが

猫を近寄らせない効果は考え難く

もしその効果があったように、ペットボトルを見た猫が何かしらの反応を見せたとしても、それが猫自身に害がないものと理解するのにはそれ程大した時間は必要ではなく、猫よけとしての持続性はないものだそうです。むしろ水の入ったペットボトルを公園や草木がある場所で、陳列させた場合、レンズの原理で自然発火を引き起こす危険性があるので、勧めできる手段ではありません。

猫よけのグッズ・超音波ガーデンバリアは有効ですが、駐車場にある自分の自動車には・・・

猫よけの対策グッズとして、電源が取れる場所なら超音波ガーデンバリアという超音波を使って猫を撃退する猫よけグッズも効果が絶大だと言われます。超音波ガーデンバリアは、猫が前にくるとセンサーが反応して猫が不快に感じる超音波を発生します。それに驚いた猫はその場所に近づかなくなるということです。最近では電池で動作するものもあるようです。しかし団地や賃貸駐車場などには設置そのものが難しいと事と高価であるというデメリットがあり、設置できる場所の制限のため対応性はまだ乏しく、個人の敷地内でしか仕掛けることが出来ないのが現状のようで、「駐車場にある自分の自動車に猫が引っかき傷をつけたので、何とか撃退したい」といった事に超音波ガーデンバリアを使用する事は現状は難しいか費用が高額なものとなる事が考えられえます。

他の猫よけの方法

猫よけとはいっても、実際は世の中で言われている大体の方法が、間違った知識(対策方法)であるようです。間違っている猫よけの対策方法挙げてみると、まず水の入ったペットボトルは効果はありません。そして、漂白剤やクレゾールなどの類は最初のうちは効果があったとしても、継続する効果は見込めません。ニンニクや唐辛子などの香辛料は、これも最初のうちだけの効果となります。ニンニクや唐辛子などの香辛料の場合その場所にまくという方法をとる事が大半なので、雨など天候の変化で流されてしまうからなのです。しかしそれ以前の基本的効果もありません。コーヒーは短期の効果が見込めます。ですがこれも雨など天候の変化で流されれば効果を失います。

猫よけハーブ

猫よけとしては植物を利用したハーブによる猫よけ対策方法もあります。特にローズマリーなどの匂いは猫が嫌いらしく、ローズマリーを植えたら近づかなくなったという報告もあります。ですがこの方法は自身の敷地内で、ハーブを育てるために場所を限られるため総合的に見ると万能とはいえません。それと植物(ハーブ)を育てる事を前提としているため、時間のない方や植物を育てた事が殆んどないと言う方には、適した対処法とは言いがたい方法といえます。その他の植物を使用した対策としては、継続的とはいえませんが、柑橘類のも臭いを猫は嫌がるので、レモンやみかんなどの皮を使い古しのストッキングなどに詰めてつるしておくのも効果があると思えます。

動物愛護管理法

猫よけのためとはいえ、あまりにも過激で残酷な虐待まがいの行為は、動物愛護管理法によって、懲役1年未満、または罰金100万円以下の刑が科せられる犯罪行為となります。実質、逮捕者も多数出ています。

猫よけの問題点・まとめ

猫よけに際し、市販の猫よけ薬等の薬品関係は有効であるといわれますが、これには問題点があります。まず薬品が強い場合があり、小さい児童が入れるような場所には、使用できないという点と、コスト高になる点です。つまりお金が結構かかるのです。しかし元来猫にはこうしたものに対しての学習能力があり、ある程度の時間が経つと危険かそうではないかという事を判断します。そうした意味では、イタチごごっことなる事例が多くあります。元来猫が糞をするのは、テリトリー(その猫自身の生活圏)を確保するためであり、特に猫は非常に警戒心が強く、なおかつ、縄張り意識が強い動物であるため、対処と継続する必要があるのです。