採血ロボットというものがあります。まだ実用化はされていませんが、 医療従事者の現場自体を変える可能性をもっています。では「採血ロボット」について「注射の痛みはないか?」といった疑問も交え紹介します!

採血ロボットとは?

採血ロボットとは簡単に言えば「採決や点滴などの際、人間に変わって 静脈を認識して、注射針を指すロボット」です。

米ラトーガス大を中心とした研究チームが、超音波を使って患者の静脈を認識し、採血を行うロボットを開発 したそうです。よくあるアニメ的な「アンドロイドが注射器を持って注射する」というものではなく、どちらかといえばロボットというより自動車などの生産ラインにある「工業用ロボット」といった造詣ですが、 臨床テストを静脈がわかりやすい被験者25人と静脈が 特にわかりやすいわけでもない被験者6人の合計31人に実施した際、総合的な31人に対しての成功率は87%となり、静脈がわかりやすい被験者25人に対しての成功率は97%にまで達したという結果が出ました。

採血ロボットの開発目的からみれば、100%に達していない事と「静脈が 特にわかりやすいわけでもない被験者6人」に対しての成功率が「静脈がわかりやすい被験者25人 」より芳しくなかった事から、実用化されるまでには更なる開発が必要とされますが、この実験データ自体が示すのは「成功するための開発に役立つに重要な「臨床テスト」のデータが作られた事にあり、それは近い将来 「採血ロボット」が医療現場に登場する可能性を大きく飛躍させたということが非常に意味のある事にあります。

その理由は、採血に限らず静脈 を探り注射する技術は、臨床医が手術に使う麻酔や薬の継続的な投与で治療を行う為の血管内に「カテーテル」と呼ばれる 細い管 を使い挿入しますが、 臨床医に携わる方が「 カテーテル 」の挿入にミスなく一度に成功しないという規定で考察した「失敗する確率を数字にすると、目で見て判る静脈がない患者の約27%、静脈が触ってもわからない患者の約40%、衰弱した患者の約60%となってしまうそうです。

これを考えると、今回のロボットの結果は十分に優秀 といえる成功率なのです。

採血ロボットが実用化されたら?

採血ロボットが実用化される事には大きな意味があり、現在「看護婦や医師による注射」で注射針がうまく刺さらないことによる損失は年4400億円に達するといわれているからなのです。
失敗事例である、静脈が腕に見えない患者では約27%、触っても静脈がわからない患者の場合は約40%、やせたり衰弱している患者では約60%という数字は注射針や注射器などの医療機器の損失だけではなく、看護師に採血などの処置に時間がかかってしまったっ場合、その分だけ他の患者さんのケアなどができないこととなり、その損失額はアメリカだけで年間約40億ドルに昇るといわれており、日本円にすると「注射の失敗は約4400億円の損失を出している」という事になるのです。

また、採血ロボットが実用化される事になれば「その間、治療等を医師や看護に携わるスタッフが行える」というメリットも生まれます。
それは、通常の病院で行われる治療や医療行為でも正確で適切ですばやい医療が出来る事にも繋がりますが、事故や災害時、急な病状の悪化による緊急搬送にも怪我人や重症患者が搬送される「緊急救命(ER)」といった「一刻を争う」現場で、治療に当たる医師や看護スタッフの「注射をする」時間を無くすことが出来るため、当然治療できる人間が増えるということになりなす。

それは多数の患者に対して治療時間の確保する事を向上させる結果が生まれる事になりますから、災害等の緊急時に多人数の怪我人や患者の治療が行っていく事に繋がるのではと期待できます。
つまり、採血ロボットが実用化は「医療現場」自体を良くする結果に繋がっていくともいえるのです。

採血ロボットの注射は「痛く」ないのか?

採血ロボットの注射は「痛く」ないのかどうなのかというと「注射針は当然太いほど痛い」というものだそうであり、通常、採血では赤血球は大きな塊なので、直径0.8ミリ程度のそこそこ太い針が必要となり、痛みを感じるそうです。

注射針の太さによる痛みは伴うようですが、注射による痛みを患者に感じさせてしまうのが、採血や点滴で時々起きるのが、静脈がうまく見つからず何度も針を刺すことになるようなケースです。

では、 採血ロボットはどのような「しくみ」で「静脈」を探すのかというと超音波を使って患者の静脈を認識するそうで、これはロボットでなくても「静脈」が見つけにくい患者さんの場合この方法で静脈を見つけるそうです。

成功率が高い分現在の臨床実験のデータからみると「 採血ロボット 」の方が 「痛み」は少ないといえます。

但し、 衰弱した患者以外では採血ロボットは医療従事者よりも成功率が低いとの指摘もRedditでなされています。

採血ロボットのまとめ

この 米ラトーガス大を中心とした研究チーム が開発した「採血ロボット」は現段階では「プロトタイプ」のため、まだまだ「実際の医療現場」に実用化できる段階には行っていない事と、やはり採血ロボット一台あたりの価格やその他「メンテナンス」など採血ロボットの実用化に至るまではまだまだ時間がかかるのではと思われますが、しかし様々な可能性から近い未来に実用化するための開発は今後も進んでいくのではと思われます。