皆さんの中に「趣味はバイク」といったいわゆるライダーの方はおられますか?
バイクと言っても排気量も多種多様で、大きく分ければ。ネイキッド、レーサーレプリカ、ツアラー、アメリカン、オフロードというように様々な排気量や種類のバイクが各メーカーから販売されていますが、そんなバイクのジャンルや種類について初心者でも分かりやすいように説明して一覧していきたいと思います。

初心者にも分かやすく説明!ネイキッドというバイクとは

ネイキッドとはいわゆる「誰もが思い浮かべる正統派バイク」であり、スタンダードな形でライディングポジションも楽なものが多い事から、よく教習車としても使われています。
スタイル的にもスタンダードでありながら「かっこいい」ものであり、カウルがついていないため、スピードを出すともろに空気抵抗を受けてしまうというデメリットもありますが、その点整備性は良く、エンジンのポテンシャルが高いモデル(馬力がある・加速がいいという事)もあり、その気になればレーシーな走りもそこそこ楽しめ、遠出やツーリングも即なく楽しめるバイクといったところでしょうか。

代表的なバイクとしては、ホンダならCB1300やCB400。
ヤマハならXJR1300やXJR400。
スズキならGSX1400やイナズマ400。
カワサキならZRX1200Rやゼファー1100が挙げられます。

初心者にも分かやすく説明!レーサーレプリカというバイクとは

レーサーレプリカはスーパースポーツとも呼ばれるモデルですが、名の通りレースで早く走るために作られたバイクを一般販売したバイクです。
形をしては走行時の空気抵抗を良くする為にフルカウルとなっており、ライディングポジションも意図的にハンドル位置を低くして、ライダーが前傾姿勢(頭を低くする姿勢)になっています。
エンジン出力は高いものが殆どで、加速も良く車体も軽く出来ており、峠等を攻める(早く走る)には、他のモデルより高い性能を誇ります。
しかし、ハンドルの切り角はないに等しく、基本的には車体を寝かせて曲がらなければならないため、街乗りには不向きで、ポジションが前傾姿勢な為に遠出すると変な所に力が入ってしまい疲れやすいといったデメリットがあります。
また、エンジンの出力が高い事もあって装備品が多く、中古市場でも比較的に高い値段となっています。

代表的なバイクとしては、ホンダならCBR1000RRやCBR600RR。
ヤマハならYZF-R1。
スズキならGSX-R750
カワサキならZX-12RやNinja250

初心者にも分かやすく説明!アメリカンというバイクとは

文字通りアメリカで作られたタイプのバイクの事で、正確には「クルーザー」と呼ばれており「アメリカン」とは和製英語にも似た日本独特の呼び方であったりします。
元々このタイプのバイクはアメリカの土地柄でもありますが、長距離な直線の道を長時間をゆったりと走行するために設計されており、ポジションも低く足つきも良好ですが、古いモデル(いわゆるクラシック)になるとサスペンションの形式や状態から腰が痛くなる場合もあります。

代表的なメーカーといえばやはりハーレーダビットソンですが、日本のメーカーからもホンダならスティード(2002年の排ガス規制強化に際して2001年に製造が中止されました。)やシャドウ750が挙げられ、ヤマハではDSクラシック1100、スズキではイントルーダー400、カワサキならバルカンクラシックといったアメリカンバイクが販売されています。

初心者にも分かやすく説明!ツアラーというバイクとは

ツアラーとは「長い距離を楽に走るためのフルカウルバイク」といった感じのバイクです。
フルカウルの為に走行時の空気抵抗による疲れも少なく、ハンドルの位置も高いため姿勢も楽で、シートもタンデムシートになっており、フックや収納スペースも多いモデルが販売されています。
国産のバイクでは中型以上の大型排気量のバイクが多く、代表的なバイクではカワサキのZZR1200やBMW等があげられ、大型排気量に付け加えフルカウルの為に値段は高価なものとなっています。

しかし90年代に一時ツアラーが流行った事もあって、中古車市場ではカワサキのZZR400やスズキからRF400RVといった車種が販売されており、比較的に安い値段で中型のバイク購入も可能です。

初心者にも分かやすく説明!オフロードというバイクとは

いわゆる「道なき道を走るため」に作られたバイク。
特徴としては車高が高く、フロントフォークのストロークもやや長めでタイヤの形状はブロック状。
エンジン出力的にはデコボコ道や砂の山を駆け上がったりするため加速力が強く、中低速重視。
代表的なバイクとしてはヤマハのセロー225などが有名。
また、オフロードに乗っていたライダーのライディングテクニックは不安定な場所で走る事もあってか、バランス感覚が高くなり「オフ車に乗っているライダーは早い」との定評があります。

特に、オフロードでのコーナーを曲がるテクニックはオートレースの技術に近いものがあり、オフロード車からロードモデルのレーサーになるライダーも少なくないのです。

初心者にも分かやすく説明!ビックスクーターというバイクとは

他のバイクとビックスクーターの大きな違いはスクーターの駆動方式にあります。
なんといっても、このスクーターの駆動方式が自動二輪免許にオートマ免許を作らせてしまいました。
ざっくり言うと「プーリーによる無断階ベルトドライブ駆動でギアチェンジする必要がない」といったものです。
また、排気量が50ccを超えても125ccまでなら税金も安く、メットインであるのは当たり前で、その他の収納スペースも多い事に付け加え、メンテナンスフリーのものも多く、取り回しも良くて小回りが利くため、バイク便でも重宝するといった使い勝手の良さがあります。
とにかく楽なバイクといえるでしょう。
また、カスタムパーツも豊富です。

ビックビックスクーターとしては、代表的な車種として、ホンダからはフォルツァやシルバーウィング650が挙げられます。
ヤマハではマジェスティTMAX。
スズキならスカイウェイブ400ジェンマといったところでしょうか。

まとめ

さて、初心者の方が先ず目にするネイキッド・レーサーレプリカ・ツアラー・アメリカン・オフロード・ビックスクーターといった代表的なバイクのタイプを一覧して説明してきました。
種類だけではなく、排気量も様々なバイクが各メーカーから販売されていますが、更にバイクのタイプは「カフェレーサー」「ダート」等、そのバイクの仕様によって細かく分類されていきます。
免許も「小型」「中型」「大型」「AT(オートマ)」といった取得したバイクの免許証によって、選び方も変わって来ますが、このバイクの種類の一覧を初心者のライダーの方でも参考にして頂ければ幸いです。