赤ちゃんモデルはオーディション等で選ばれそうですが

芸能事務所に所属するまでの努力や費用、そして親御さんの労力とは?

赤ちゃんモデルを経て芸能人やタレントになっているケースもある赤ちゃんモデルについて調べてみました!

赤ちゃんモデルとタレント

赤ちゃんモデルとは、オーディション等で選ばれ

芸能事務所に所属し雑誌やコマーシャルなどの出演をするモデルのことを意味し、ファッションモデルとは違いがあるものの基本的には共通する部分も多く、赤ちゃんモデルを経て芸能人やタレントになっているケースもあります。

しかしその赤ちゃんの親御さんがかける労力や費用も並々ならぬものがあり、その努力は相当なものといえます。

赤ちゃんモデルと芸能事務所

赤ちゃんモデルとは、文字通り赤ん坊の時期に、雑誌やコマーシャルなどの出演をするモデルのことを意味し、広義に言えばファッションモデルのひとつのカテゴリーともいえます。特に赤ちゃんモデルを経ている芸能関係者やタレント及びモデルの現在在籍している場合も多くあり、・今泉野乃香・細山貴嶺・久保井七豊・中田あすみ・川崎樹音・奈良柚莉愛といった赤ちゃんモデルがいます。また、NHK教育テレビで放送されている乳幼児(0 – 2歳)向け教養番組である「いないいないばあっ!」での体操のコーナーなどに出演している子役の赤ちゃんは、芸能事務所に所属する子役であり、一般人は出演不可能で、これを理解していない親も少なくなく公式サイト上に注意書きがなされているほどです。その乳幼児(0 – 2歳)向け教養番組である「いないいないばあっ!」での子役のオーディションにしても、東京近郊にある赤ちゃんモデル事務所各社所属の子達から選ばれています。

赤ちゃんモデルとオーディション 

赤ちゃんモデルとして採用される乳幼児は意外と少なく、全国で色々な赤ちゃんがオーディションに来て、受かるのはごくわずかな確率だそうです。その理由としては乳幼児の演技指導は、なかなか乳幼児自身のコントロールができない為に難しく、ここで笑って欲しいときに笑えなかったり、泣いて欲しいときに泣くなどといった言葉(要望)が通じず、そういった事をこなせる乳幼児は少数なのですが、中には出来る乳幼児も存在し、我慢強く、笑顔がかわいいが乳幼児が受かるもので、よく赤ちゃんの雑誌の表紙を飾っているのはそういった笑顔が出来る乳幼児となるそうです。

赤ちゃんモデルになる為の労力や費用

赤ちゃんモデルを写真を撮る側は、赤ちゃんが気乗りしない時は写真を撮らず、物なので興味を引いて、笑顔になったところを撮るといった、技術もあります。赤ちゃんモデルは集中力が乏しい為短期決戦なのでチャンスがきたらすぐに写真を撮るといった、だまし作戦が多く行われているようです。

また、赤ちゃんモデルをさせる親御さんも大変であり、自分の赤ちゃんをモデルにするのに、色々な労力や費用を要します。実例からいえば交通費などの金額がかかる割には、モデル料金も安く、むしろマイナスの事も多くあります。またモデルになったからといって、必ずしも芸能界にいけるわけでもなく、モデルを経て一般の企業に就職されている方も多々おられます。

赤ちゃんモデルと親御さんと努力

赤ちゃんモデルの親御さんは自分の子供をモデルにさせようと、かなりの努力をされ多忙に動かれるのが実状であるのですが。しかし、表紙になった時には、その努力も報われ、本をつい買い占めてしまう事もあるそうです。しかし、受かる人数は少数であるのが現実であり、実質赤ちゃんをモデルにさせるには、資金面にも、時間にも余裕がある人が良いと言われ、それほど、赤ちゃんをモデルにさせるのは大変な事だという事を伺わせます。

赤ちゃんモデルのまとめ

赤ちゃんモデルに限らずモデルという職業は、厳しい仕事でもあります。そういったモデルという職業の中でもファッションモデルとなると雇用形態としてはモデル事務所への所属や他のマネージメント会社に所属しており、よく雑誌の専属モデルと言う言葉を耳にしますが、実際にモデル個人が直接、デザイナーや出版社と契約を交わしていることは無く、全てはマネージメント会社を介しての契約となるそうです。しかもファッション業界は流行がとても早いため、ファッションモデルの寿命は5年から長くて10年程度だと言われており、その後は女優やタレント、デザイナーなどへの転身をはかる者も多いのが実状といわれています。