私たちの体に必要な栄養素のひとつとして「アルギニン」というものがあります。
そのアルギニンは「身長を伸ばす」といった効果があるという言葉も見かけますが、
アルギニンという栄養素について、効果やアルギニンを多く含む食品・食べ物、その摂取量の目安について説明していきたいと思います。

アルギニンとは?

アルギニンとはアミノ酸の一つで、体内で作り出せる「非必須アミノ酸」のひとつとなります。

アミノ酸とは、人間の体を正常に維持するために必要な栄養素なのですが、人間の体とは人の体とは、一般的に約60%が水分で出来ており、約15%が脂肪で、約5%が糖質や様々な栄養素であり、残りの20%が水分を除いたタンパク質で出来ているといわれています。

その20%のタンパク質は約10万種類にのぼり、肌や毛髪、筋肉や骨・内臓、赤血球や白血球、ホルモンなどをつくる為には必要な栄養素となって私たちの体を作っているのです。

その体内に約10万種類のタンパク質は、20種類のアミノ酸によって作られています。

つまり、人間の体に必要なタンパク質は、タンパク質の原料であるアミノ酸によって作られているため、人の体の約20%はアミノ酸で作られているともいえるのです。

その20種類のアミノ酸にもさまざまな性質や効果・効力があるのですが、大きく分けると体内で合成できない9種類の「必須アミノ酸」と、体内で合成できる11種類の「非必須アミノ酸」があります。

アルギニンは体内で合成できる11種類の「非必須アミノ酸」のひとつとなります。

しかし、残念な事にアルギニンは体内で作り出せる量は少なく、特に幼児は体内で作り出す量が十分ではないアミノ酸であり、またアルギニンは10代では生成量はピークになりますが、年齢を重ねると共に体内での合成量が減り、40代ともなると、ピーク時の約半分の量しか体内で合成できなくなり、アルギニンは年齢を重ねると共に不足した量を食事で補う必要があります。

その為にアルギニンは「準必須アミノ酸」「条件付きのアミノ酸」と呼ばれ、食べ物からの摂取や、サプリメントや健康食品からの摂取が望まれるアミノ酸でもあるのです。

アルギニンの効果・身長を伸ばす?

アルギニンの効果には様々なものがあります。

代表的なもので言えば、アルギニンは血管などの機能を正常に保つ働きがあり、その事から冷え症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など生活習慣病の予防といった効果を期待できる上、運動した際に感じる疲労原因の一つであるアンモニアの血中濃度の低下作用があるという事が負荷を与えたマウスでの実験結果でもわかっている為、疲労回復に効力がある事が期待されています。

また、体内で血管をひろげる働きがある一酸化窒素の産生を高める効果があり、更に細菌やウィルスに対する抵抗力を高める働きや体内で発生するがん細胞を攻撃する働きもあります。

その他でアルギニンの注目される効果としては、脂肪の代謝を促して筋肉組織を強化し、成長ホルモンの合成を促進させる働きもある事から、身長の伸びにつながります。

その事から考えても、アルギニンの生成量が少ない乳幼児や成長期の子供さんやアルギニン生成量が衰え始める40代近い方にも十分に摂取してほしいアミノ酸といえます。

アルギニンを多く含む食品・食べ物の必要性

アルギニンを含む食品や食べ物としては、鶏肉、大豆、エビ、マグロといった食材に多く含まれています。

また、アルギニンは天然のアミノ酸のため、食品や食べ物から摂取できる分量での危害は体にないと考えられますが、アルギニンのみを摂取しようとして食事をしてしまうと余分なタンパク質や栄養が偏ってしまい、かえって体の機能をおとしてしまう事も考えられるため、サプリメントや栄養ドリンクなどで効率よくアルギニンを摂取する事も良い方法と思われます。

そこで注意点ですが、アレルギー体質の子供さんは、過剰に摂取すると症状を悪化させる危険性があり、成人でも過剰摂取すると下痢や胃痛を起こす場合があります。

アルギニンだけに言える事ではありませんが、特定のアミノ酸だけを過剰摂取する事は、その他の体に必要なアミノ酸を欠乏させる状態を引き起こし、アミノ酸の効果を低下させてしまう事もあるので、サプリメントやエナジードリンク等でアルギニンを摂取する場合は、摂取目安や使用量を理解して服用してください。

アルギニンの摂取量目安

アルギニンの摂取量の目安は、1日に2000~4000mg以上の摂取がアルギニンを効果的に働かせるために必要といわれています。

またアルギニンを効果的に働かせるために摂取する時間帯やタイミングとしては、成長ホルモンが最も分泌されるのが就寝中であるために、就寝前の空腹時に摂るのが効果的といわれています。

更に、運動能力を上げる為の摂取するタイミングとしては、筋力トレーニング前後に摂ることで筋肉アップを助けると言われています。

サプリメントや栄養ドリンクで補助する際にはこうした時間帯やタイミングで摂るのも良いのではないでしょうか。

アルギニンのまとめ

アルギニンは人間の体を正常に機能させ、成長させる為は必要なアミノ酸という事が分かって頂けたと思います。

生活習慣に合わせて体内で不足しているアルギニンをサプリメント等で補うな事は、健康を保つためにも良い方法ではないでしょうか。

また、単体のアミノ酸だけを摂取するのではなく、一酸化窒素の産生を同時に高めるシルトリンなど、他の栄養素を含んだ成分を摂取して、バランスよく組み合わせて摂ることも相乗的な効果を体にもたらしますので、摂取量や効果を理解し、偏った過剰摂取には注意しましょう。