アマビエという妖怪がいます(?)

人魚とも「神」ともいわれ、絵を描く事などが流行し、コロナ終息への願いからのアマビエチャレンジやゲゲゲの鬼太郎と水木しげる版のアマビエの事を交えて調べてみました。

アマビエとは?イラストや絵

アマビエとは、豊作や疫病などの予言をすると伝えられている妖怪・人魚もしくは神ではないかといわれている「存在」です。
アマビエが現れたのは江戸時代後期(1846年)の肥後国(現在の熊本県)に現れたといいます。
弘化(こうか)3年4月中旬(現在でいえば1846年5月上旬という事にまります)のこと、毎夜、海中に光る物体が出没していたため、いよいよその噂が広まり役人が出向いたところ、アマビエが姿を現したそうで、アマビエは役人に「我は海中に住むアマビエと申す者なり。当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが、疫病も流行する・・・。私の姿を描いた絵(イラストともいえるのでしょうか?)を人々に早々に見せよ。」と「予言なのか?」と思われる事を告げて、海の中へと帰って行ったそうです。
この話は当時庶民にとって新聞や広告的な役割りを果たした挿図付きも瓦版(かわらばん)に取り上げられ、遠く江戸(現在の東京)にまで伝えられたといいます。
その際のアマビエ姿や形について言葉では書き留められていないのですが、添えられていた挿図によると
その姿は口はくちばし状で、目はひし形であり、、黒目(虹彩)と白目があり、耳らしきものもあり、
髪と思しき直線的なものが頭部から伸びており、その長さは体長に等しいあ(つまりかなりのロングヘアーということになります)
そして首から下には胴体もありますが、その体は鱗に覆われた魚体で、腕は見えないのですが、これは描き手の稚拙さによるものか、髪と思しきものに隠されているだけなのか、それとも本当に無いのかと、可能性は様々で「腕がなかった」とは言い切れません。
胴体の下部、人間でいえば下半身にあたる部分は、おびれのようにも足のようにも見える部位が三股に分かれており、体はその三股によってか波間で立ち泳ぎをしているように見えていたそうです。
つまり「三本尾ひれの鳥に似たロングヘアーの言葉がしゃべれる人魚」といったところでしょうか・・・。

そのときの瓦版に添えられた 挿図 に描かれたアマビエ

しかし、 「アマビエ」という名称については、目撃記録が一つしかなく、他に似たものとしての 目撃記録 あるものの 日本以外では、西洋で海の生物にはすべて予知能力があるとされているそうで、海から半人半魚のものが現れて予言を告げる伝承も珍しくないそうです。更に アマビエは予言のだけではなく、疫病を防ぐ能力を持ち合わせていたことが、一般の人魚がいう「予言」よりも異なっており、妖怪というよりは神に近い存在ではないかといわれています。また アマビエは、天保(てんぽう)15年(1844年) の越後国(現在の新潟県)に出現した「海彦(アマビコ)」が姿も似ていて、 アマビコ がその年中に日本人口の7割の死滅を予言して、さらにその像の絵札による救済を忠告したことから「アマビエとアマビコは同じなのではないか?」といわれています。

その事からアマビエの研究で知られる長野栄俊氏によれば、アマビエ・アマビコの流行は、1831年から1845年かけての 天保・安政・明治に続いて今回の令和が4回目であるといわれています。

そして アマビエの瓦版の原文から解釈すると「これから先、豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を絵に写して人々に見せるべし。」という言葉は、前節と後節が直接には繋がっていないことから「絵を見せることで疫病が収まると言っているわけではない」という見方や解釈する人もおられ、長野栄俊氏はコラムを執筆しているウェブサイト「ふーぽ」の「ふーぽコラム」で「じつは亜種であるアマビエは、早々に私の姿を写して人々に見せよ。とは告げていますが、その御利益は明言していません・・・。。一方、原種のアマビコは「私の姿を見る者は無病長寿、早々にこのことを全国に広めよ」と告げている事から、拡散すべきはアマビエではなくアマビコの方かもしれない。」と述べておられるそうです。

コロナ終息への願いからのアマビエチャレンジ

コロナ終息への願いからアマビエへの関心はたかまっています。

2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患は、現在 悪疫・感染症の突発的発生であるアウトブレイクから更に事態は深刻化し 感染症・伝染病の世界的な大流行であるパンデミックへと発展しました。 日本でも深刻な事態に陥り、防疫上の事由で人の物理的交流も経済活動も大幅な自粛が用いられ、経済的にも人命的にも被害は避けられない状況がある種、想定されています 。

(この コロナウイルスによる急性呼吸器疾患 全ての面で助長するような事はしたくないので、文体に配慮して根拠のない事は書かないようにしています。ですので、特定の出来事などは控えています)

そして令和2年2月27日、「疫病退散にご利益があるというアマビエの力を借りよう」「コロナウィルス対策としてアマビエのイラストをみんなで描こう」との発想から、妖怪掛け軸専門店「大蛇堂」が、アマビエの解説と共に大胆にアレンジした強面のイラストレーションをTwitterに投稿したところ「大きな反響」があったようです。

ゲゲゲの鬼太郎と水木しげる版のアマビエ

妖怪という言葉や「現在の妖怪というものの画」といった事でも多大な影響を今も尚与えている「水木しげる氏」もアマビエを描かれています。

そのアマビエは「 かなり原典に近い 」といわれています。

水木しげる版アマビエ

また、アニメ版ゲゲゲの鬼太郎にも 2007年(平成19年)9月30日放送の第26回「妖怪アイドル!? アマビエ」 から登場し、その後 第5期にサブキャラクターとして登場しています。

アマビエのまとめ

コロナウィルス の被害は確かに身近なところでも起きています。アマビエはひとつの「流行」なのかもしれませんが、「正確な情報」を把握して「過剰な嘘や誤報」を真に受けず対応していきたいものですね。

皆さんの意識や認識・節度が高まることを願ってアマビエ・・・。おすすめです。