紳士の帽子と代表的な種類をいえば

シルクハットなどを始めとする帽子の一種であります。

その中でもトップハット,ボーラー,ソフトハット,スーパーソフトハットといったものが製造されており、室内では帽子をといった常識的習慣があったそうです。

そんな紳士の帽子について「どんな種類があるんだろう?」と思い深堀りしてみました!

紳士の帽子の種類トップハット

紳士の帽子の種類には時代の流れと共にさまざまな変化を遂げ現在に至ってます

トップハットという紳士の帽子は、円筒形でハードに形状製作され、主に使われている素材は、シルクやファーフェルトで、リボンにもシルクやフェルトなどが使用されています。このトップハットはイギリス製で、日本人が被ると頭の形が合わないため前後が開いてしまったり横が狭くて被る事が出来なく、ハードに作られている為、変形が難しく、自分の頭の形にあわせてオーダーメイドする必要があります。

紳士の帽子・ボーラー

紳士の帽子でボーラーという種類は、半球型をしたフェルトのもので、こちらもハードに製作されており、日本語で言うと「山高帽」と呼ばれ、1850年に登場し、乗馬用の帽子として愛用されてたものの、1930年頃からあまり人気が落ちていきます。しかしそれは、他の多彩なる帽子を生み出す根源となっているとも考えられ、架空の定義ではありますが、更なる創造や技巧を職人に生み出す時の原動力となっているとも言えるほど、次世代にはより斬新でありつつ、継承を途絶えさせていない作品が製造されています。

紳士の帽子・ソフトハットとスーパーソフトハット

紳士の帽子には、トリルビーやフェドーラと呼ばれるソフトハットもあり、ソフトハットというのは、フェルトで作成された中折れ帽のことであり、使用用途的には、ハードハットの後、普段用として登場し広く普及しています。そして、その手法を活かした製造は続き、さらに柔らかい物で、スーパーソフトハットと呼ばれる、ローラーハットやクラッシャーハットというものが製造されています。これは現在の帽子にも通じますが、柔らかいため自由に形を変えることが可能となり自由度も広がり、自分の好きな形にして被る事が出来るという楽しみのある帽子となっています。

紳士の帽子の常識・習慣

紳士の帽子というものは元来、室内では取るというのが常識であり、ヨーロッパの方の習慣だったようですが、室内だけでなく、知人に会った際、女性の前、挨拶の際など、本物の紳士は帽子を被っている場所や場面の常識をきちんと考える事が出来る必要があったのではと考えられます。しかしそう自他事例があってこそのアイテムであったということは言える事であり、少なくとも節度のある態度であることは察することが出来ます。紳士の帽子とシルクハット

 シルクハットは、燕尾服(テールコート)およびモーニングコート着用時に用いる、第一正礼装用の紳士の帽子であり、クラウンが円筒状で高く頂上がたいらで、つばの両側がそり上がり、へりが鋭角に折り返っている絹製の帽子の事を意味しています。当初はビーバーの毛皮を用いた帽子でありビーバーハット等と呼ばれていおり、絹(シルク)が使われるようになったのでシルクハットと呼ばれ、その呼称が日本では一般に定着しました。