普通二種運転免許とは
タクシー運転手になる際、必要とされる免許です。
その普通二種免許の取得方法について、 調べてみました! 

普通二種運転免許があると何が出来るのか

普通二種運転免許とは、簡単に言ったら

「旅客業が出来る免許」であり、運転できるのは「普通車」のみで、タクシーには乗れますが大型や中型のバスにはのれません。

その他でいえば

・個人タクシーに乗れる

・代行運転手ができる

といったところです。

教習所での普通二種免許取得方法

普通二種免の許取得方法としては

「教習所に通う」か「免許試験場での一発試験を受ける」

大きくいえばそのふたつの方法になります。

普通二種免許を取る条件

どちらでも普通二種免許を取る条件は同じです。

・満21歳以上であること
・第一種運転免許を受けて、運転経歴が(停止期間を除いて)3年以上経過していること
・片眼で0.5以上、両眼で0.8以上。深視力検査で誤差が平均2cm以下であること。
・赤・青・黄色の3色が識別できること
・一般的な日本語の読み書き、その内容を理解できること
・自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと
・10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえること

普通二種免許を教習所で取るながれ

普通二種免許を教習所で取るながれ的にはどこでも変わらないので説明すると・・・・

学科教習・技能教習を受講する →

卒業技能検定を受験合格する →

免許試験場にて筆記試験を受験合格する →

免許の発行が行われ無事取得!

ってな感じです。

価格的には実技で補修なくいけば

「30万以内」で収まります。