化粧品原料とは?

よく聞く名前のものでも案外それが何なのかは知らないも
のも多く存在します。

たとえばコラーゲンやスクワラン、ビタミン、アスコルビン
酸、そしてヒアルロン酸など

そんな種類も多くあるものの基準値も含め、化
粧品原料基準について調べてみました。

化粧品原料基準

化粧品原料は、化粧品を購入する時に一番気にして調べる部分でありますが、最近の化粧品の原料として使用されているものは、天然・無添加類が多く販売されており、敏感肌の人にも使える化粧品を販売されています。基本的には化粧品の原料として使用していいものと使用していけないものとが定めた上で製造されており、安全性を保つ上で薬事法として厚生労働省が基準値を設けています。

化粧品に使用されている原料は、JCIDと化粧品を開発販売しているメーカーと合わせると2000種類以上あり、化粧品を作る上で必要とも言える他の原料との相性や匂いまたカラーなども含め安全性などを考えて原料は選出されています。

化粧品原料・コラーゲン

化粧品原料として最近よく耳にする「コラーゲン」とは肌に張りを与えてくれると言われる原料であり、物質としては皮膚の真皮を構成する「繊維状タンパク」成分の一つであって、人が必ず持っている物質なのですが、年齢と共に減少していく物質な為に化粧品などで補うために「コラーゲン」を原料とした化粧品や健康食品・サプリメントが多く販売されるようになったのがコラーゲンが原料としてしようされた理由です。

化粧品原料・スクワラン

化粧品原料として古くから耳にしたことがあるのが「スクワラン」というものです。「スクワラン」は、深海に生息しているサメが持っている「肝油」の中にたくさん含まれている「スクワレン」を水素添加にして、精製することによって作られるオイルであり、皮膚に浸透し肌に潤いを与えると言われていますので、薬用のクリームや化粧水・乳液などに使用される原料として知られており、様々なメーカーから配合された商品が製造販売されています。

化粧品原料・ビタミン・アスコルビン酸

化粧品原料で、ビタミンも多く使用されています。ビタミンEとは老化防止にとして化粧品やサプリメントでも販売されていますが、化粧品の原料としては「ビタミンC」が最も使われており、通常の「ビタミンC」ではなくビタミンの中に含まれている「アスコルビン酸」の誘導体利用して美白効果を得られる化粧品が製造されています。またアメリカでは、化粧品の原料を無添加のものを使い自分でオリジナルの化粧水や石鹸を手作りでできるように、自分に合った原料を購入できるような店も存在するほどとなりました。

化粧品原料・ヒアルロン酸 

化粧品原料としてよく効く原料で、ヒアルロン酸が上げれますが、ヒアルロン酸は保湿性に優れ、1グラムで6リットルの水分を保持が可能といわれており、化粧品として製造した場合、皮膚に塗るとしっとり感、なめらか感があり、肌荒れの予防、乾燥によるシワの予防の効果があると言うメーカーも存在します。またヒアルロン酸はその安全性と特性である保水力や粘性の大きさに着目し、ヒアルロン酸入り化粧水を利用したシャボン玉液が考案されています。

化粧品原料・種類

化粧品原料には実に様々な種類のものが存在します。その一部を記載してみます。

●αビサボロール・カミツレから抽出され、頭皮を清潔にして尚かつ、育毛を促進させる効果があるといわれています。

●サフラワー油・ベニバナの種子から得た油であり、肌を柔軟にしますが安定性に弱いとのことです。

●ボタンエキス・紫外線による光老化を予防する化粧品に用いられています。

●ミネラルオイル・柔軟性のある皮膚を保つために用いられています。

●ラベンダー油・創傷治癒促進、殺菌・抗菌などの効果があります。

●プラセンタエキス・メラニンの生成を抑制し、シミ、ソバカス、肌のくすみを防ぐ効果があります。

●BG・肌にうるおいとはりを与える効果がありま