リムジンと呼ばれるタイプの車があります。 リムジンは、ダイムラーやボルボなど高級車メーカーからロールス・ロイス、メルセデス・ベンツ、ハマーまで多彩な車種やストレッチ・リムジンやリムジンバスとさなざまなリムジンが存在します。また「パーティー」や「女子会」にも使われます。

そのリムジンについて調べてみました!

リムジンとは


リムジンに該当する車種の内容は、職業運転手(お抱え運転手)が運転することを前提とした、大型高級セダンや、ショーファーカーや後部座席部分の構造を延長し、運転席との間に(可動式の)仕切りを設けた大型乗用車のことであり、そうした車の仕様の総称が「リムジン」を言う言葉です。

リムジンの由来


リムジ ンとは、元来は馬車の形式の一つであったもので、御者と客室の間に仕切りがあるものの事をそう呼んでいたのであって、現在のようなロングボディのものを表す言葉の使われ方はしていませんでした。
ただ、意味合い的にはこうした仕切りを指す孫利は現在も続いており、この様な仕切り(パーティション)を設けたリムジンが、最も格の高い正式なリムジンとされています。他例を見ると、後部座席部分を延長して補助座席を設けたものありますが、後部にドアを追加して3列目のシートを設けたもの等は、単純に乗車定員を増やすことが目的の送迎用のものが多く元来の御者と客室の間に仕切りがあるものをリムジンと呼んでいた使われ方とは違ってきているのも確かです。

リムジンの種類。ストレッ チ・リムジン


一概に全長を延ばすことは単に乗車定員を増やすことだけがリムジンの目的ではありません。特に近年のリムジンの仕様は種類も多彩なものとなっていますが、送迎用のリムジンを除く、後部座席の足元のスペースの拡大やテレビモニターやカクテルキャビネットの設置などの居住性、各種設備の充実を図る事(応接室化)に主眼がおかれています。
中には、トランクスペースを改造してジャクジーバスにするなどの変り種もあり、拡大された後部空間には、通常3名以上の乗員が乗車でき、豪華な装備を持つものに至っては、ストレッチ・リムジン(stretch limousine)とも呼ばれ方をする場合もあります。

ダイムラーやボルボなど高級車メーカーからロールス・ロイス、メルセデス・ベンツ、ハマーまで


1980年代以前はカタログモデル(通常販売モデル)としてダイムラーやボルボ、パッカードなど多くの高級車メーカーが用意していました。ですが市場の移り変わりや、そういった事を専門とするメーカーの進出により、リムジン専門改造メーカーが市販車の中間部を切断・拡張など改造して作ることが多く、元となる車種としてフォード社のリンカーンやキャディラック、ロールス・ロイス、メルセデス・ベンツなどの大型高級車が使われることが多くなっています。また、最近ではハマーなどの4輪駆動車やミニなどの小型車を改造するといった珍しい 例も少なくはありません。

リムジンの使われ方


実質、リムジンを使用している機関としては一般的な企業の観光的イベント的な使われ方が多く、アメリカのハワイやラスベガスなどの観光地では、空港送迎用や高級なタクシー、ハイヤーとして一般の人も比較的気軽に借用し利用できる他、流しのタクシーとしても走っています。

リムジンバスとは


リムジンの種類の中にリムジンバスと呼ばれるものもありますが、これはリムジン(limousine)とバス(bus)の合成語であって、、内装が豪華なバスを指し、観光バスなどに供されるバス車両のことであり、特に空港などと周辺市町村を連絡するバス車両と運行形態で、空港リムジンバス、エアポートリムジンバス、空港連絡バスとも呼ばれていますが 、この言葉自体が和製英語であって、、英語本来では「limousine」で2に相当する連絡バス(特に、小型のもの)の意味となってしまいます。

リムジンパーティー女子会とまとめ

VIP や 財界人や 著名人などを送り届けた リムジンも 今となっては女子会パーティー家などにもレンタルして使うことが できるような 時代になってしまいました。

しかも料金的にも2万を切るという手頃なものであり、クリスマスや年末年始成人式シーズンには料金が上がるとは言っても 2000円程度の上乗せのようです。
しかし、これも考え方によってはいいことなのかもしれません。
つまり 今の ご時世ちょっとした 自分に対するご褒美があってもいいのではと思われます。
しかしコロナが猛威を振るう外出することもままならない今日この頃ですが、 そんな時こそ夢を持ったこうした 贅沢に目を向けてみるのも良いのかもしれません。
コロナ就職お願い伝えます・・・ リムジンおすすめです!!