ヤマハSR400というバイクがあります。

このバイクはそのクラシックな概観からカスタムベースにも多く使われ「カフェレーサー」使用になるなど多くのパーツも販売されているバイクであったりします。そんなヤマハSR400について調べてみました!

ヤマハSR400とは?単気筒エンジン搭載の理由とXT500

ヤマハSR400が誕生した流れとXT500


単気筒エンジン搭載したバイクとして有名なヤマハSRですが、今やその「メイン」となった、ヤマハSR400は1978年の発売から、その基本設定およびデザインを変更せず販売し続けているロングセラーモデルです。

しかしその誕生元となった話は嘘のような発端で、元々SR自体が作られた経由は、とある雑誌がきっかけとなったそうなのです。
それはオートバイ雑誌「モトライダー」が、1977年のエイプリルフール企画として、(つまり嘘・この場合は架空を言う方が正確ですね)実在しない車を「近日発売の新車 ヤマハ・ロードボンバー (Road Bomber) 」として掲載します。このロードボンバーは、ヤマハのオフロードバイクXT500のエンジン(単気筒2バルブSOHC499cc)を使い、島英彦さんの設計によるオリジナルのダブルクレードルフレームに搭載したロードスポーツバイクであったそうなのです。しかしその後に思わぬ事態が発生します。その紙面の写真が見るとなかなか完成度の高いオートバイであったため、まさかエイプリルフール企画の架空の新車とは思わず読者からの注文が殺到したのでした!。ヤマハ自体も「そこにマーケットがある」と判明した事から、XT500の販売元であるヤマハが本気になって設計し生産を始め、SRシリーズは誕生することとなったものの、しかし当初のSRは、基本設定がXT500(オフロード)であったため、モトクロス風のアップハンドルやエンジンガードがついている 等、オンロードにしては中途半端な使用のバイクであり、しかもエンジンは弱く、トラブルは付き物であったそうです。しかし更に自体は発展し、その事が逆にヤマハSR400に続く「SR」のカスタマイズに拍車をかけたそうで、その後においてはより改良され、当初とは別物なバイクといえるほどのものとなってしまうのでした。

ヤマハSRシリーズの元となったXT500

その後のヤマハSR400

上記の経路から1978年「ヤマハSR400」は販売される事となったのでした。

またそこからも独特な話がありオフロードモデルのXT500のエンジン、フレームレイアウトをベースに、ショートストローク化して日本の運転免許区分に対応した400ccのエンジンを搭載し、足回りなどは数回にわたって変更されますが2008年まで基本設計とデザインを変更せずに販売し続けたロングセラー車種となっていきます。

ですが、販売当初のヤマハSR400はワイヤースポークホイール仕様であり、一時期はアルミキャストホイールへと仕様変更されました。しかしそれが「大不評」で販売台数が激減し、結果ワイヤースポークホイールに戻ります。また1985年にはフロントブレーキをディスクからドラムに変えるという、当時としては異例の退行的モデルチェンジを行って、2001年に各フロントブレーキが16年ぶりにディスクブレーキに回帰(再変更)となりました。更にその後、自動車排出ガス規制の強化を受け、「A.I.S(エアインダクションシステム)」を採用することで自動車排出ガス規制をクリアし、2008年に販売30周年を迎え記念モデル(SR400 )(30th アニバーサリー・リミテッドエディション)を500台限定で販売したものの、翌年から適用される自動車排出ガス規制強化に対応できなかったことから生産を終了してしまう事となります。しかし、SR400およびSR500は2008年の生産終了までに累計12万7千台が販売された人気車種であったSRは規制への対応による復活が期待され、生産停止の間にフューエルインジェクションを搭載した環境規制対応モデルが開発され、 2009年の第41回東京モーターショーでSR400(F.I.)として参考出品された後に2010年モデルの「SR400」として2009年12月21日に発売されました。
しかし、2017年9月1日にヤマハ発動機より公式ホームページなどで生産終了が発表されます。
ですがこれには裏があり、平成28年自動車排出ガス規制により適用日の9月1日までに対応できない現行車種は製造販売できなくなるためであって、同月5日に規制に対応した次期モデルを開発中であることが公表されます。
そして2018年9月14日、二輪車平成28年排出ガス規制への適合して、同年11月22日からの発売が再び開始されたのでした。

ヤマハSR400カスタム・カフェレーサー

ロングセラーモデルとして現在も尚販売されている「カスタムベース」の車両としても良く使われています。単気筒エンジンの性質上「非力さ」否めませんが、ヤマハSR400の元となった存在しないバイク「ロードボンバー」自体にあったコンセプトは、「単気筒エンジンを搭載したロードスポーツバイク。単気筒であるからエンジンが非力であるのはいたしかたないが、しかし全体として軽量にすることができ、そ のことを最大限に生かして操縦性の良さに照準をあわせたバイクを設計するならば、それは乗っていて『とても楽しい』バイクになるはずだ」という事は現実化しており、カフェレーサーやカートラッカーカスタムなど、様々にカスタマイズされ現在もなを数多くのパーツが販売されています。

カフェレーサー使用にカスタムされたヤマハSR400の一例