マザーズバックの機能性とは?その育児を行う女性をターゲットにおいて製造されたデザインや機能、そして価格をふまえて、メリットを推察しレスポサックとの比較や他のバックである、リュック・エコバック・トートバックとの使いやすさを検証して上で、マザーズバックのことを解り易く記載しました。

マザーズバックとは

マザーズバックは機能的に高いバックのひとつであり、価格は様々ですがデザインやメリットは育児を行う女性をターゲットにして作られています。またレスポサックといったものもあり、エコバックやトートバックを使用される方もおられます。 

マザーズバック・デザイン・機能

マザーズバックと機能的に高いバックのひとつであり、子育てをしている女性が出かける際に、様々な荷物をまとめて移動するために開発された機能的なバックです。出産された女性の方の場合、子供をつれての外出に荷物が多くなることから、育児に必要なものの収納と、女性を意識したおしゃれなデザインを兼ね備え、子育て世代の女性をターゲットにしたアパレルブランドや鞄メーカーなどは、子供と出かける際に必要な荷物が機能的に収納できるように工夫されたバックの製造販売を多く行っています。実際こうしたマザーズバックは収めるものが多いいいため他のバックとは違い、尚且つほかのバックと比べる、収納性が高いため様々な種類のものがありますがどのバックとしてもある程度の機能性に達しており、ちょっとした外出だけではなく、お子さんを連れての旅行などにも、あると便利なものです。

マザーズバック・デザイン

マザーズバックのほとんどは、哺乳瓶や紙おむつなど、子供を連れての外出に必要な道具がそれぞれ収納できるように内側のポケットなど間仕切りがなされており、たくさんの荷物が収納できるよう考慮されており、に大ぶりに作られています。

メーカーとしてはファミリアや無印良品など、様々なブランドからもそれぞれのスタイルに合わせたデザインでのマザーズバックが発売されていますが、しかし間仕切りの用途が哺乳瓶などに限定されていて離乳すると使わなくなってしまったり、不要な間仕切りがあったりと使わなくなったデッドスペースが生じることも少なくないことから、マザーズバックに限ってデザインされたわけではないバックも、使い方によってはマザーズバックとして機能的に使用できるため、それぞれの使い方にあわせてカスタマイズしてマザーズバックとして利用する人もおられます。ですので多種販売されているマザーズバックのなかから自身にあった機能性のあるものを選びたいものです。

マザーズバック・レスポサック・メリット

マザーズバック中でも人気を呼んでいるのが、手ごろな価格でカラフルな色使いと幅広いサイズでの展開で多くの女性に人気を呼んでいるレスポサックです。マザーズバックは多くの荷物を収納するため、丈夫で大ぶりなバックであることと、子供を抱えて鞄を開けなくてはならないために、片手での開閉が容易であること、さらにできるだけ口が広くなっていることなどが条件に挙げられます。しかしレスポサックのバックの場合、はそれらの要件を満たし、なおかつ軽くて運びやすいというメリットがあるためレスポサックの方が長い移動には便利なようです。

マザーズバックの価格

マザーズバックは価格的に見ても様々な値段のものが販売されていますが、安い価格のものでは5千円以内の価格で購入でき、高いものでは、一桁価格が上がります。種類やデザインも様様で、落ち着いた色のものから、アクセントの入ったもの、またお子さんに好まれるアンパンマンなどのキャラクターものと選択種は豊富です。大きさにしても、ポーチサイズのものから揃っており、形状も多彩です。

4h/マザーズバック・エコバック・トートバック

マザーズバックの間仕切りについては、鞄の両側に大きめのポケットさえあれば、あとはそれぞれ子供の成長に合わせて必要なものをつめたポーチが間仕切りとして機能するため、あまり細かく間仕切ってある必要はそれほどないようであり、徒歩での移動や買い物などではベビーカーを使用するため、あまり大ぶりのバックは必要ないと感じる人もいるようです。しかし検診などの乳幼児の大勢集まる場合は利用できないため、念のためにひとつ用意しておいたほうが無難で、最近ではポーチなどで必要なものだけ分けておけばよいと割り切って近場の外出にはトートバックをマザーズバックとして利用する人も増えています。その場合、貴重品は小さなハンドバックに分けておき、子供のための荷物はスーパーなどで配られるエコバックでひとまとめにできれば問題ないという判断からだそうです。

そういった現状を見てみても、子供との外出には、必要な荷物が多くなるために開発されたマザーズバックですが、最近ではより使いやすく消費者が各々でカスタマイズして利用することが、多い実情のようです。